FINDERS

塩と水で発電する防災グッズ「マグネ充電器PLUSラジオ」。約6日間分のスマホの充電を確保
  • ITEM
  • 2021.10.01
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

塩と水で発電する防災グッズ「マグネ充電器PLUSラジオ」。約6日間分のスマホの充電を確保

文:FINDERS編集部

充電・電池不要だから災害時やアウトドアにも使える

今やライフラインとなったスマートフォンは、災害時の安否確認や情報収集に必須のツールだ。そんな中でやはりネックとなるのが充電問題。モバイルバッテリーを持っていても、今度はモバイルバッテリーも常に充電もしなければ……と不安は常につきまとう。

「マグネ充電器PLUSラジオ」は本体の充電を必要とせず、「水」と「塩」だけで発電する防災・アウトドア用品である。充電器の他に、ラジオ・ランタン・懐中電灯として使うことができる4Way仕様だ。その機能性とデザイン性が認められ、2020年度のGOOD DESIGN賞を受賞した。

水・塩・マグネシウム(金属棒)・酸素の化学反応を利用して発電する仕組みだ。使い方も特に難しい部分はない。①塩を入れる。②水を入れる。③マグネシウム棒を入れる。④ふたを閉める。この4ステップで発電するため、年齢や体力に関わらず手軽に扱うことができる。

使い捨てではなく繰り返し使用することができ、セットのマグネシウム棒4本をうまく使うことで、およそ6日分のスマホの充電と夜間の灯りを確保することができる。一般的に大きな災害時に救助や支援物資が届くまで約72時間後とされていることを考えると、十分不安を取り除くことができるのではないだろうか。

また、高さ約212mm×直径約86mmとコンパクトサイズで、本体の重さも注水前は約580g・注水後は約940gと女性や子供でも持ち運びやすい。

本体上蓋側面には出力用USBポートとラジオ専用のイヤホンジャックが付いている。また、液晶画面では受信している放送局の周波数や音量設定、受信状況の確認が可能。

「マグネ充電器PLUSラジオ」は、現在CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。新型コロナウイルスについ気を取られてしまっている今こそ、改めて防災グッズを見直してみてはいかがだろうか。


支援はこちらのページから↓
充電不要!電池不要!水を加えてラジオが聴ける、ランタンになる、充電できる!

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • JKA Social Action × FINDERS
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー