FINDERS

クラファンがもたらす社会連鎖、毎日27キロ歩いて仕事に向かう20歳青年に589万円相当の支援
  • GLOBAL
  • 2021.07.13
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

クラファンがもたらす社会連鎖、毎日27キロ歩いて仕事に向かう20歳青年に589万円相当の支援

文:藤井咲希

どんなに過酷な状況であっても、誠心誠意向き合っていれば、必ず報いがある。

そんな願いを体現したような、一生懸命仕事に取り組んでいる1人の青年のエピソードが話題になっている。

母親が他界してからも前向きに過ごしてきた青年

米国オクラホマ州に住むドンテ・フランクリンさん(20歳)は、レストラン・チェーン「バッファロー・ワイルド・ウィングス」でコックをしている。職場は街の反対側にあり、自宅から職場までの距離は8マイル以上(約12キロ)。ドンテさんは毎日、往復17マイル(約27キロ)を約5時間掛けて歩かなければならなかった。定時に出勤するために、勤務開始の約3時間前に家を出ていたドンテさん。そんな状況でも、欠勤はおろか遅刻すらしたことがないという。なぜならドンテさんにとって、この仕事がとても大切なものだったからだ。

『LOCAL12』によると、ドンテさんが16歳の時に、母親がC型肝炎で他界。兄弟に育てられたものの、決して裕福な暮らしではなかったのだ。ドンテさんは「母が亡くなってからは、ただただ辛かったです。ただ、僕は前向きにならざるを得ませんでした。母のためにも、よりよい日々を送る努力しなければならなかったんです」と語る。そんなドンテさんに、今後の人生を変えるような出来事が起きた。

次ページ:わずか1日強で176万円相当を調達

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞