FINDERS

PR 慶應大教授 村井純氏、中村修氏らが出演!DX人材の育成を目指す“最強のe-Learning” の全貌を解説。「AITAC 高度ITデジタルアーキテクト育成サミット2021」が7月20日に開催
  • BUSINESS
  • 2021.07.02
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

慶應大教授 村井純氏、中村修氏らが出演!DX人材の育成を目指す“最強のe-Learning” の全貌を解説。「AITAC 高度ITデジタルアーキテクト育成サミット2021」が7月20日に開催

文:神保勇揮

日本のDX実現に向け必要不可欠な「高度ITデジタルアーキテクター」人材の育成が急務!

一般社団法人高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC)は、7月20日(火)にZoomウェビナー「AITAC 高度ITデジタル アーキテクト育成サミット2021」を開催する。開催時間は13時〜17時、参加費は無料。

今回のウェビナーでは、IT企業やDXを推進する組織の担当者を対象に、「日本のインターネットの父」こと村井純氏(慶應義塾大学 教授)による基調講演「高度ITアーキテクト人材がつくる日本のDXの未来」や、村井純氏より新理事長のバトンを受け取った中村修氏(慶應義塾大学 教授)、山下達也氏(NTTコミュニケーションズ)、高澤信宏氏(ヤフー)、河野美也氏(シスコシステムズ)らによるパネルディスカッション「企業が本当に欲しい高度ITアーキテクト人材とその価値とは?」、さらには、AITACカリキュラム委員長を務める関谷勇司氏(東京大学大学院 教授)による高度ITアーキテクト人材育成のためのカリキュラムについての紹介などを行う予定だ。

スイスの国際経営開発研究所(IMD)による 「世界デジタル競争力ランキング2020」 の『IT人材需給に関する調査』では日本は63カ国中62位と、デジタル・技術スキルに対する評価は低迷している。また、デジタル庁の創設など政府主導によるDXが進められる一方、IT人材の不足は深刻化しており、2030年までに45万人が不足するという試算も存在する。

こうした中、日本のDXを進めるためには、データサインティストやサイバーセキュリティスペシャリスト、エンジニアといった高度IT人材の教育環境の整備は急務だ。スキルアップを図りたいエンジニアやIT人材の採用を強化したい企業担当者などに奮ってご参加いただきたい。

詳しくは公式サイトを参照:https://aitac.jp/summit2021/

(主なプログラム内容)
基調講演:高度ITアーキテクト人材がつくる日本のDXの未来
村井 純/AITAC 理事、慶應義塾大学 教授

パネルディスカッション:企業が本当に欲しい高度ITアーキテクト人材とその価値とは?
(モデレーター)
中村 修/AITAC 理事長、慶應義塾大学 教授
(パネリスト)
村井 純/AITAC 理事、慶應義塾大学 教授
山下 達也/AITAC 副理事長、NTTコミュニケーションズ株式会社 イノベーションセンター 副センター長 テクノロジー部門長
高澤 信宏/ヤフー株式会社 テクノロジーグループ システム統括本部 サイトオペレーション本部長
河野 美也/シスコシステムズ合同会社 業務執行役員 情報通信産業事業統括 ディスティングイッシュド システムズ エンジニア

AITAC活動紹介:AITAC が提供する“最強のe-Learning”の全貌
関谷 勇司/AITAC カリキュラム委員長、東京大学大学院 教授
(カリキュラム受講生)
椎葉 瑠星/総合研究大学院大学 複合科学研究科情報学専攻
宮 太地/東京工業大学 工学院情報通信系

<出演者プロフィール>

村井 純
AITAC 前理事長
慶應義塾大学 教授
工学博士。1984年日本初のネットワーク間接続「JUNET」を設立。1988年インターネット研究コンソーシアムWIDEプロジェクトを発足させ、インターネット網の整備、普及に尽力。初期インターネットを、日本語をはじめとする多言語対応へと導く。内閣官房参与、内閣官房 IT総合戦略本部員他、他各省庁委員会主査等を多数務め、国際学会等でも活動。2013年ISOCの選ぶ「インターネットの殿堂(パイオニア部門)」入りを果たす。「日本のインターネットの父」として知られる。

中村 修
AITAC 理事長
慶應義塾大学環境情報学部 教授 慶應義塾ITC所長
WIDEプロジェクト ボードACM会員 電気情報通信学会会員 ISOC会員
1983年、慶應義塾大学工学部数理工学科卒業。博士(工学、慶應 1993年)。1990年、東京大学大型計算機センター助手。現在慶應義塾大学情報学部教授。1987年からWIDE Project、1994年からINTEROPのShowNet構築・運営及び広帯域InternetやIPv6の研究開発・普及、2009年から藤沢地域WiMAX運用・5G研究開発に携わる。2017年より慶應義塾Information Technology Center 所長。2020年より慶應義塾サイバーセキュリティ対応チーム長。

関谷 勇司
AITAC カリキュラム委員長
東京大学大学院 情報セキュリティ教育研究センター 教授
1997年京都大学総合人間学部卒。2005年慶應義塾大学政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士 (政策・メディア)。1999年から2000年にかけて米国南カリフォルニア大学 ISI 研究所にて訪問研究員として DNS の研究に従事。2002年に東京大学情報基盤センター助手に着任。同センター講師、准教授を経て2019年に現職。次世代ネットワークプロトコルの研究開発と分散サービスの計測、クラウドコンピューティングの可用性向上、SDN と NFV、ならびにサイバーセキュリティに関する研究に従事。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • JKA Social Action × FINDERS
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • コロナ禍の移住・脱東京