FINDERS

レインボーフラッグを玄関先に掲げることを禁止した結果、自宅を虹色に輝かせるカップル現る
  • SUSTAINABLE
  • 2021.06.21
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

レインボーフラッグを玄関先に掲げることを禁止した結果、自宅を虹色に輝かせるカップル現る

文:岩見旦

6月は「プライド月間」として、世界中でLGBTの権利を啓蒙する活動が行われている。日本でも、レインボーフラッグを掲げたパレードやイベントを見たことがあるだろう。

しかし地域によっては、玄関先にレインボーフラッグを掲げることを禁止しているところもあるよう。ところが、そんなルールの抜け穴を見つけたカップルが、海外の電子掲示板『Reddit』で注目を集めている。

管理組合がアメリカ国旗以外の掲揚を禁止する方針

米国ウィスコンシン州に暮らすメモ・ファシーノさんと夫のランス・ミエさんは、5年前から自宅の玄関先にレインボーフラッグを掲げていた。ところが先月、地元の不動産管理組合(HOA)がアメリカ国旗以外の掲揚を禁止する方針を固めた。何でも近隣住人がBLMやシン・ブルー・ライン(警察への敬意を表すシンボルだが、BLMに反対を示すのに用いられている)などの旗を掲げていたのが、理由だという。

その翌日、何者かが管理組合に通報したようで、ファシーノさんの元にレインボーフラッグを片付けるようメールが届いた。ファシーノさんは要請に応じ、レインボーフラッグを撤去。しかし、性の多様性を支持する方法はないかと考えたファシーノさんは、驚きの行動に出た。

Pride home

管理組合の規約を調べたところ、「取り外し可能なライトは許可されている」と書かれていることに気付いたのだ。そこで、ファシーノさんたちは6色の照明を購入し、自宅を虹色に輝かせた。もちろん、管理組合の規約に違反していない。ファシーノさんは「私たちのシンプルな旗より、少し目立ちますね」と述べ、「レインボーフラッグ自体やその表している意味に不満を言う人にとって、とても面白いでしょう」と続けた。

次ページ:「秀逸な対応にブラボー」8万5000いいね!

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • JKA Social Action × FINDERS
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • コロナ禍の移住・脱東京