FINDERS

結婚、コロナ感染、聖火リレー、主演ドラマ……なぜ石原さとみは常に物議を醸す存在なのか【連載】テレビの窓から(7)
  • CULTURE
  • 2021.05.26
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

結婚、コロナ感染、聖火リレー、主演ドラマ……なぜ石原さとみは常に物議を醸す存在なのか【連載】テレビの窓から(7)

イラスト:IKUMA

木村隆志

コラムニスト、コンサルタント、テレビ解説者

「忖度なし」のスタンスで各媒体に毎月30本超のコラムを寄稿するほか、テレビ・ウェブ・雑誌などにメディア出演し、制作現場への情報提供もしている。人間関係コンサルタントや著名人専門のインタビュアーとしても活動中。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

厳しい声を浴びてもトップをキープ

日本中が新垣結衣と星野源の結婚話で湧いているが、話題の幅と数という点では、同世代の石原さとみも負けていない。

石原は今年1月、昨年末に一般男性と入籍していたことを公表したほか、2月には新型コロナウイルスに感染。4月には主演ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)がスタートしたが、石原が演じるヒロインが「人魚風のキャラクターだった」という異色の設定で驚かせた。

今月7日には、東京オリンピックの聖火ランナー公式アンバサダーとして長崎の平和公園で聖火リレーを敢行。また、17日には毎年恒例となっている「サントリードリームマッチ」の始球式で名投手・斎藤雅樹のサイドスロー投法を披露してネット上を湧かせた。

これらのニュースが報じられるたびにネット上には賛否の声が飛び交い、なかには厳しい声も目立つ。しかも、演じれば「いつも同じ」、発言すれば「わがまま」などの厳しい声は結婚後もまったく変わっていない。

なぜ石原は繰り返し厳しい声を浴びながらも、トップ女優であり続けられるのか

次ページ:若年層女性の支持では負けていない

1 2 3 4 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development