FINDERS

コンパクトなのによく走る。ミニベロタイプの電動アシスト自転車「La Cine(ラシーネ)」
  • ITEM
  • 2021.05.05
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

コンパクトなのによく走る。ミニベロタイプの電動アシスト自転車「La Cine(ラシーネ)」

文:ひで 

どうせ乗るならカッコよく!ミニベロタイプのイカしたヤツ

そろそろ電動アシスト自転車を手に入れたいが、どれも似たりよったりで、ぴんと来るデザインになかなか出会わないという人も多いだろう。そんなテンションで無理やり購入したところで、なかなか愛着が湧くかどうか。であれば「La Cine(ラシーネ)」がいいかもしれない。

La Cineは山口県岩国市のEV車両メーカー「ツバメ・イータイム」が送り出す、小径車にあたるミニベロタイプの新世代電動アシスト自転車だ。タイヤサイズは14インチ、総重量は18kgとなっており、エコモードで最大約72kmもアシスト航続が可能。大型電動アシスト自転車にも引けを取らない性能だ。

ハンドルにはLCDディスプレイを搭載し、走行距離やバッテリー残量などが見やすく表示される。

最大の特徴はフレームのデザイン。社名の「つ」をイメージしたデザインを採用し、大胆かつスタイリッシュなビジュアルになっている。

電動アシスト自転車の要でもあるリチウムイオンバッテリーは取り外しが可能で通常時はフレーム内にスッキリと収まっている。取り出す際もサドルが前に倒れてスムーズに取り外しができる設計になっていてユーザビリティを損なわない。

ハンドルは折りたたみが可能なので、車に積み込んでキャンプなどに持っていってもいいだろう。

ブレーキは前後共にディスクブレーキを搭載。大型バイクのような安心感と安全を実現している。LEDヘッドライトも装備され夜間でも明るく快適に乗れる。

カラーはイエロー、ホワイト、ブラックの3色でどれも魅力的だ。

「ちょっとそこまで」から「もう少し遠くまで」どんどん走りたくなる「La Cine」は現在CAMPFIREでクラウドファンディングを実施中。


支援はこちらのページから↓
「La Cine」コンパクトな車体でよく走るラシーネ。新世代電動アシスト自転車

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー