FINDERS

「ミル+フィルター+ケトル」コーヒーに必要な全てが一体となったタンブラー「SoloCano」でいつでも挽きたてが飲める
  • ITEM
  • 2021.04.20
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

「ミル+フィルター+ケトル」コーヒーに必要な全てが一体となったタンブラー「SoloCano」でいつでも挽きたてが飲める

文:ちびすけ

コーヒー本来の香りと味をそのままに

コーヒーは、豆を挽いてから時間が経つにつれて味と香りが落ちていく。挽きたてを山の上なんかで楽しめたら最高かもしれないが、豆、ミル、ドリップフィルター、ドリップケトル、マグカップなどなど必要な道具は意外と多く、荷物になるし正直億劫というほかない。

では、そんな道具類が全て1つにまとまっており、なおかつタンブラーサイズに収まっていたらどうだろうか。「SoloCano」はコーヒー好きなら無視できないアイテムなはずだ。グラインダー・フィルター・モーター・ケトル・タンブラーが1つになっており、いつでもどこでも挽きたての豆を使って淹れたてのコーヒーを飲むことができる。

豆の挽き方もグラインダーのつまみを回すだけで、極細挽き・細挽き・中細挽き・中挽き・粗挽き・極粗挽きが簡単に設定可能。電動でも手動でも挽けるため、気分に合わせてコーヒーを楽しめる。

「SoloCano」は二重層フィルターを採用しているため、紙のフィルターは必要なし。エコで経済的なうえ、フィルターは水洗いできるため、お手入れも簡単だ。

タンブラーには、耐食性に優れたグレード316ステンレス鋼を使用。二重壁真空断熱材を搭載することで、7時間の保温を実現した。容量は427mlとたっぷり入り、こぼれにくい構造になっているため、持ち運びにも便利だ。

電動用のモーターは本体のmicro USBポートから充電することができ、1回の充電で12杯分のコーヒーが作成可能。オフィスや旅先などいつでもどこでも挽きたてのコーヒーが味わえるというわけだ。

「SoloCano」は、現在CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。コーヒーへのこだわりが強い方にはぜひ試していただきたい。


支援はこちらのページから↓

もう挽き立てしか飲めない。ミル付きポータブルコーヒーメーカー「SoloCano」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー