FINDERS

日本でも「夫婦別姓」や「同性婚」を実現したいなら学ぶべき台湾のオードリー・タンの知恵【連載】あたらしい意識高い系をはじめよう(15)
  • BUSINESS
  • 2021.03.19
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

日本でも「夫婦別姓」や「同性婚」を実現したいなら学ぶべき台湾のオードリー・タンの知恵【連載】あたらしい意識高い系をはじめよう(15)

Photo by Shutterstock

倉本圭造

経営コンサルタント・経済思想家

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。企業単位のコンサルティングプロジェクトのかたわら、「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元小学校教員がはじめた塾がキャンセル待ちが続出する大盛況となるなど、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。アマゾンKDPより「みんなで豊かになる社会はどうすれば実現するのか?」、星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』、晶文社より『日本がアメリカに勝つ方法』発売中。

3月17日に札幌地裁が同性婚を否定するのは「違憲」だと判断したというニュースが流れていて、知人の同性愛者の事を考えたりしながら、個人的には「へえ、良かったじゃん」的なことを思いました(一応書いておくと、LGBTだからといって同性婚に賛成の人ばかりではない…ということも後から知りました)。

ただ、そのニュースに対するSNSでの「案の定の紛糾ぶり」を眺めていると、なんでそんな「宗教戦争」みたいな方向に持って行こうとするのかな…という不満があります。

これは夫婦別姓制度の議論にも共通する感覚があるんですが、

「(保守派を刺激しないような論調に注意しながら)具体的に必要な制度をスルリと通す」

みたいなことができればいいのに、

「夫婦別姓や同棲婚を認めたくないタイプの人間」を果てしなく糾弾して「私が間違っていました」と土下座するまで許さないぞ!

みたいな方向に持っていこうとするから、余計に前に進めなくなる。

私は夫婦別姓議論にも同性婚にも賛成ですけど、「社会の伝統に対して変更を迫る側」の、ある種の独善的な態度に対してはかなり嫌悪感というか、「そういう自分の立場しか考えない態度が反発を受けてるんだろーが!ほんとにそれ通す気あるのかよ!」という気持ちがあります。

そういう人たちは「諸外国では認められてるのに日本は遅れてるよね!」って簡単に言うけど、例えば同性婚を結構無理やり気味に通したアメリカでは(その件だけが原因じゃないにしろ一連のそういう強引な価値観の押し付けに反発して)「社会の半分」がそっぽを向いてしまってトランプ派の暴走に繋がったりしてるわけですよね。

「欧米」というくくりで見れば、今の米中冷戦時代にはそういう「欧米的理想の押し付け」に対する反発が地球規模で募って、欧米に限らない「全人類」単位で見れば「もう民主主義なんか終わった制度だろ」と考える人達の群れが止めようもなくなったりしている。

「欧米的理想」を否定するわけじゃないけど、それをどうやったら「普通の人」にまで無理なく浸透させて「一緒に」社会を前に進めていくか…が重要な時代に、すぐに賛成しない人間に対して「バーカバーカ!」っていう態度を取って果てしない宗教戦争になるのは本当に良くないです。

一方で、同性婚をアジアで初めて認めた台湾では、そういう「騒乱」はあまり起きていないように見えます。

でもね、その渦中にあった、例えばオードリー・タンのような人物は、「果てしなく反対派を糾弾しまくるアメリカ型リベラルの振る舞い」とはかなり違う精神性や態度を持っている感じなんですよね。

1:オードリー・タンがいかに「古い社会の伝統」に配慮しているか

アイリス・チュウ/鄭 仲嵐『Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔』

最近、機会があってオードリー・タンの評伝『Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔』を読んだんですが、その「聖人」っぷりにはものすごく感銘を受けました。

(日本とは個人情報に関する感覚が違いすぎるので単純な比較はフェアではないにしろ)コロナ対策でも世界最高レベルの結果を出していますし、市民ハッカーが技術を持ち寄ってマスクの在庫分布を検索できるアプリをあっという間に実装した話など、本邦のコロナ対策アプリ「COCOA」をめぐる混乱っぷりと比較して台湾がいかに「先進的か」を羨望する声もよく聞くようになりました。

そうした変化を先導する「トランスジェンダーの弱冠39歳(就任当時35歳)の天才IT担当大臣」と聞くとものすごく尖ったアナーキーな人物かと思いきや、評伝を読んでみるとむしろ「アジア的大人物」風の人格に圧倒される気持ちになります。

“彼女”の発言を見ていると、新しいITの仕組みやLGBT系の課題をはじめとする「新しい考え方」を社会に導入していくにあたって、

「社会の古い伝統を攻撃している」と受け取られないようにするためにものすごく気を使っている

ことがわかります。

本書にあったコメントを引用すると

私の人生にあった、社会の期待と一致しないところは、社会が悪いのでも、私が悪いのでもないとわかっている。

私自身の経験を分かち合うことで、この社会は本来非常に多種多様な要素で構成されているために、自然と多様な価値観が生まれること、世の中と進歩と称するもののために、その他の価値観が犠牲にされてはならないことを、皆が知ることができる(P139)。

「誰かを糾弾することが自己目的化しているようなタイプ」のある種のリベラル派の人間とは、もう人としての「格」が違う感じがします。

結果として、台湾ではLGBT系の政策や社会内部におけるIT活用などにおいて色々と「先進的」な試みが行われていますが、欧米社会で起きているような「分断」は今のところそこまで深刻にはなっていないように見える。

それはオードリー・タンだけの成果ではないと思いますが、こういう「“古い社会”への敬意を失わない振る舞い」を常に「変革を起こす側」が示し続けているので、「どちらの派閥の人たちの気持ち」も同じ場所につなぎとめることができているわけですね。

2:「古い社会」が積み上げたものに「敬意」を表し、そして「許す」ことが必要

「オードリー・タンみたいな人が育つなんて、台湾ってすごく寛容な社会なんだな」と思ってたら全然違うんですよ。

むしろ、評伝を読んでいると子供の頃「勉強ができすぎてイジメられていた」あたりとか、考え方が同時代の日本と比べても相当古い感じの父親と喧嘩しているシーンとか、読んでいて胸が痛くなることが多かったです。

その後一時期ドイツで暮らすことになるんですが、そのままドイツで進学して、「台湾とかアジアって遅れてるよね〜」とか言う人間になっても良かったんですが、そうしないでわざわざ帰国して、「台湾の伝統」と「自分」というのをちゃんと対等に見て新しい着地点を模索し続けてきたからこその今がある…という感じだった。

要するに本当に社会を変えたいなら、「現時点での社会の伝統」に対する「敬意」と、ある種の「許し」みたいな態度が鍵なんだ…ってことでしょうか。

ハッカーらしくアイザック・アシモフとかのSFにも熱中したけど、逆に東洋の古典にもハマって乱読していたという話が、彼女の「欧米型のハッカーカルチャー」のアナーキーさとは一味違った「古い社会との調和」をもたらしているように思いました。

3:伝統への敬意の上に新しい発想を調和させる

で、台湾の例のように、

「新しい考え方を導入したいなら、“その社会の伝統”への敬意を徹底的に示すことで、“古い社会との調和”を実現していくことが重要だ」

とするなら、昨今の日本における夫婦別姓議論や同性婚の議論をどうしていけばいいのでしょうか?

大事なのは「保守派が嫌がることをしない」という発想だと私は考えています。

今の日本における「夫婦別姓議論」や「同性婚」議論は、むしろ「制度を通すことよりも、あの保守派の奴らが嫌がることをやったらスカッとするじゃん」が優先されているんじゃないかと私は感じています。

自分たちの理想を捨てずに、「保守派が一番嫌がること」は避ける。そのためには「保守派が大事にしたい」ことの背後にはどういう「意味」があるのか…ということも敬意を持って理解しないといけません。

台湾の場合、「婚姻(こんいん)」という中国語は「婚」と「姻」で意味が違うそうで、「婚」が「パーソナルな二人の個人の繋がり」的なものであり、「姻」が「二つの一族が結びつくこと」といった意味を持つそうです。

だから「同性婚」を法制化するにあたって、

「婚ではあるが姻ではない(結婚不結姻)」形式を作る事によって、“一族”的なものに関する中国の文化的伝統との対立を避ける

工夫が行われることになった。

アムネスティ・インターナショナル日本が2020年に掲載した記事「アジア初の同性婚 20年の道のり」によると、最初は民法における異性婚の規定に同性の場合も入れるようにしたが反対が大きく否決されたために、別立てで「同性婚」専用の法律と制度を作ることで決着したそうです。

この記事を読むと、ともすれば「わけがわからない未開人の反対派がいたために制度が別立てに変更された」みたいな論調に見えてしまうんですが、その背後には、

「そもそも“婚”とは?“姻”とは?的な中国的伝統を否定せずにその器の上で議論する姿勢があった」

という「保守派への敬意と調和」の発想があることが、今の日本が学ぶべき点であると私は考えています。

次ページ 4:同性婚裁判の判決文はなかなか感動的だった

1 2 3 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development