FINDERS

スペインのオーディション番組で、日本生まれの「あの楽器」が登場!見事な演奏にスタンディングオベーション
  • GLOBAL
  • 2021.01.28
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

スペインのオーディション番組で、日本生まれの「あの楽器」が登場!見事な演奏にスタンディングオベーション

文:ヘイノサブロウ

スーザン・ボイルを輩出した人気オーディション番組のスペイン版『ゴット・タレント・エスパーニャ』の新シリーズが今年1月からスタート。

この番組に、日本生まれのある楽器が登場したとして、SNS上で驚きと感動が巻き起こっている。

日本生まれ「オタマトーン」でゴールデンブザー獲得

ステージに登場したのは、黒いTシャツ姿の青年、フワンホ・ホモンセラートさん。「今日は音楽史で最も重要な曲の1つをやります」と高らかに宣言すると、会場にはプッチーニ作曲の歌劇『トゥーランドット』のアリア『誰も寝てはならぬ』が流れる。すると、緊張した面持ちのホモンセラートさんは、おもむろにある楽器を取り出した。

それは、日本のアート・ユニット「明和電機」が開発した「オタマトーン」。何とも味のある電子音が奏でられる、ユニークな音符型の電子楽器だ。ホモンセラートさんはオペラの名曲をこのオタマトーンで見事に演奏し、観客を魅了。会場ではスタンディングオベーションが起こった。

実はホモンセラートさんは兄弟でバンド活動をしており、オタマトーンは日本にツアーで訪れた際に買ったという。

3人いる審査員の内、2人はオタマトーンに夢中だったが、テレビ司会者として知られるリスト・メヒデさんはずっと固い表情。しかしオタマトーンをひとたび手にして演奏を試すとすぐに虜に。準々決勝進出を確約する「ゴールデンブザー」を押したのだった。

次ページ:明和電機社長も反応「スペイン番組の効果すご!」

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命