FINDERS

スマートウォッチはこのくらいがちょうどいい。1万円代で機能充実の「HUAWEI Watch Fit」レビュー
  • ITEM
  • 2021.01.26
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

スマートウォッチはこのくらいがちょうどいい。1万円代で機能充実の「HUAWEI Watch Fit」レビュー

文:三浦一紀

普段使いのスマートウォッチに最適

「HUAWEI Watch Fit」は、HUAWEIが2020年10月に発売したミドルクラスのスマートウォッチだ。価格は15180円(税込)。筆者は発表されてから速攻で予約して、約4カ月間使ってきて、「これはちょうどいいスマートウォッチ」と感じている。どんなところがちょうどいいのか、レビューする。

軽い、長持ち、かわいい!

 まずは外観から見てみよう。ディスプレイは1.64インチで解像度は280×456ピクセルとやや縦長。設定により常時点灯にすることも可能だが、普段は手首を上げると画面が表示される設定で使っている。反応は悪くなく、時間を確認するのに困ったことはあまりない(たまに反応しないことはある)。

ベルトはシリコン製で、グラファイトブラック、ミントグリーン、サクラピンクのほか、HUAWEIオンラインストア限定のカンタロープオレンジから選択できる。カラーリングがグラファイトブラック以外はパステル調で、かわいらしい。筆者はミントグリーンを選択。軽やかな感じが気に入っている。

ボタン類は本体右側にひとつのみとシンプル。各種設定画面などの操作は画面をタッチして行う。

本体の重さはベルトを含めて34g。非常に軽く、着けていることが負担にならない。ほぼ一日中着けているが、たまに着けていることを忘れるくらいだ。また、本体の厚みは10.7mm。薄めのデザインなのも良いところだ。

バッテリーの持ちは、通常で約10日間。GPSを有効にしたり、画面を常時点灯にすると多少バッテリーの持ちは減るものの、5日くらいは持つ感覚だ。筆者は1週間に1回くらい気付いたときに充電している。

また、水深50mで使用できる5 ATM規格に準拠した防水性能を備えている。プールや海の浅瀬、シャワーやお風呂で使用しても問題ない。

手軽に運動できるフィットネストレーナーを内蔵

左から心拍数、活動量、ストレスチェック。

次に機能面について。上位機種に比べるとやや機能は厳選されている感じだが、スマートフォンで受信した各種メッセージやSNSの通知、歩数計、消費カロリー、心拍数計測、睡眠計測、ストレステストなど必要な機能はすべて揃っている。この原稿執筆時にはまだ提供されていないが、1月末のアップデートで血中酸素レベルの測定機能が追加される予定となっている。

GPSが内蔵されており、ウォーキングやランニングの際にルートや速度、距離などの計測が可能。スマートフォンがなくてもWatch Fit単独で記録できるのは良いところだ。

面白い機能が「フィットネスコース」だ。3分から18分でできるワークアウトが12種類内蔵されており、運動の内容をアニメーションで画面上に表示。スマホなどを見なくても、手軽に運動ができる。設定により、一定時間身体を動かしていないと運動を促すようにすることができるので、リモートワークによる運動不足の解消にもなるだろう。

また、ランニングやウォーキング、サイクリング、水泳、ヨガ、エアロビクス、ピラティス、ボクシング、空手、ダンス、剣道などなど、100種類以上のスポーツモードも搭載されているので、がっつりスポーツを楽しむ人でも満足できるだろう。残念ながら、筆者はほぼ運動をしないので、たまにフィットネスコースで軽い運動をするくらいだが…。

あとから自分で機能を追加するといったことはできないが、スマートウォッチとしては必要充分な機能を備えている。音楽関係の機能がないが、使わないという人は満足できるだろう。

ずっと着けっぱなしでもまったく気にならない!

筆者は、特に運動をしたりするわけではない。どちらかというと「時間がわかる」「睡眠トラッキングができる」「スマホの通知が受け取れる」くらいの機能があればいいと思っている。

そのため、スマートウォッチに期待することは「バッテリーの持ちがいいこと」「軽さ」「画面の見やすさ」といった点だ。以前は画面が細長いブレスレットタイプのスマートウォッチを使っていたことがあるが、操作性、視認性ともに悪くすぐに使わなくなった。 

(左)HUAWEI製スマートウォッチと連携するスマホアプリ「HUAWEIヘルスケア」。
(中央)睡眠トラッキングの解析がかなり詳細で、毎日見るのが楽しい。
(右)ストレスの週間表示。このストレスのなさったらない。

「HUAWEI Watch Fit」は、バッテリーが長持ちな上、画面が大きく、操作性も視認性も高い。睡眠トラッキングもかなり詳細に表示されるのも気に入っている。

とにかく薄く軽いので、着けていても気にならない。というか、たまに着けていることを忘れてしまって、時間の確認のためにスマートフォンを見てしまうことがあるくらいだ。

もっとヘビーにスマートウォッチを使いこなしたいという人には向いてないかもしれないが、「とりあえず何でもできる手軽なスマートウォッチが欲しい」という筆者の要望には合致しており、とても気に入っている。デザインもシンプルなので人を選ばないだろう。

次ページ:ちょっと気になるところ

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • FINDERS×CAMPFIRE
  • 超副業論!
  • FIND YOUR FASHION
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家