FINDERS

世界各国が確保に躍起になっているコロナワクチン。追跡すると見えてきた供給の偏り
  • GLOBAL
  • 2021.01.06
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

世界各国が確保に躍起になっているコロナワクチン。追跡すると見えてきた供給の偏り

文:汐里

現在、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいる。昨年12月時点で、世界中の国や組織に事前購入されたワクチンの量は72億5000回分。日本でも早ければ今年2月中にも接種が始まると言われているが、十分な量のワクチンが確保できていない貧困国も存在する。

そんな深刻な状況がある中、『VISUAL CAPITALIST』「The Launch and Scale Speedometer」の情報を基に、各国のワクチン事前購入数を示すインフォグラフィックスを制作した。ワクチンの購入には、国によってどれほどの差があるのか、今世界が直面しているワクチン格差問題を見てみよう。

EU、インド、アメリカで世界のワクチンの半数以上を確保

拡大してご覧になりたい方はこちらから

まず、こちらが事前購入しているワクチン数が多い国と組織トップ9だ。

1位 EU 15億85000万回分
2位 インド 15億回分
3位 アメリカ 10億1000万回分
4位 COVAX 7000万回分
5位 カナダ 3580万回分
6位 イギリス 3570万回分
7位 インドネシア 3380万回分
8位 日本 2900万回分
9位 ブラジル 1960万回分

最もワクチンを事前購入しているのはEUで15億8500万回分。続いて、世界2位の人口数を誇るインドで、15億回分のワクチンを確保。アメリカの10億1000万回分が続いた。この3つの国と組織の確保しているワクチン数は、世界全体の半数を超える。

国の所得別に見てみると、アメリカや日本といった高所得国が、販売量のうち約54%を購入している。一方、中・低所得国は23%強しか購入していない。購買力がなく、全員が摂取できるワクチンがいまだ確保できない国も少なくない。

ちなみに、COVAXとは世界保健機関が主導するワクチンの公平な分配を目指す国際的な取り組みで、日本も参加している。この取り組みでは参加する国や組織による拠出金などを使い、貧困国を中心にワクチン供給を行う。平等なワクチン供給のためのカギとなるはずだ。

次ページ:英、米の大手製薬会社製ワクチンが人気

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • JKA Social Action × FINDERS
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家