FINDERS

緊急事態宣言で我が子がピンチ!? コロナ禍のロックダウンで子どものうつ病が増加との研究発表
  • SUSTAINABLE
  • 2020.12.23
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

緊急事態宣言で我が子がピンチ!? コロナ禍のロックダウンで子どものうつ病が増加との研究発表

Photo By Shutterstock

文:ヤジマミユキ

2020年が終わろうとしている一方で、いまだ収束しない新型コロナウイルスの感染拡大。菅首相は再度の緊急事態宣言の発令に否定的である一方、ヨーロッパ各国では春に続き、再びロックダウン(都市封鎖)の措置が取られている。

そのような状況の中、ロックダウンが子どものメンタルヘルスへ及ぼす影響について、深刻に受け止めるべき研究結果が、12月9日付の医学雑誌『Archives of Disease in Childhood』に発表された。

子どもの孤独がうつ病に影響

英国ケンブリッジ大学の医学研究審議会(MRC)の脳認知科学の研究チームは、8歳から12歳の子ども168人を対象に、イギリスのロックダウン前とロックダウン中に彼らの精神障害、不安、うつ病の症状の変化についての評価データを調査。

その結果、新型コロナウイルスによるロックダウンによって、子どものうつ病の割合が上昇していることが判明。これは、子どもの年齢、性別、家族の裕福さと無関係だった。一方、精神障害、不安は有意な変化が見られなかった。

この結果に、研究チームはさまざまな要因が考えられるが、「子どもの孤独」がうつ病と関連していることがわかったという。ロックダウンによって、友だちと遊んだり、外に出て楽しい活動をしたりという機会が奪われたことで、孤独感が助長されているのだと言える。

次ページ:青年期のメンタルヘルスはより一層悪化

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • JKA Social Action × FINDERS
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家