FINDERS

ヴィーガンは肉食者と比べて骨折するリスクが43%増加!? オックスフォード大学の衝撃の研究発表
  • SUSTAINABLE
  • 2020.12.03
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ヴィーガンは肉食者と比べて骨折するリスクが43%増加!? オックスフォード大学の衝撃の研究発表

Photo By Shutterstock

文:ヤジマミユキ

肉や魚、卵や乳製品など、動物由来の製品を一切取り入れない習慣のヴィーガン。肥満や生活習慣病の改善に効果があるともいわれ、地球に優しいライフスタイルとして、近年世界中で広まっている。ナタリー・ポートマンやビリー・アイリッシュ、アリアナ・グランデといったセレブもヴィーガンであると公言している。

しかしながら、最近発表されたオックスフォード大学の研究で、ある健康リスクがかえって高くなるという衝撃の結果が出ている。

ヴィーガンの骨折リスクについて衝撃の発表

今年11月、医学ジャーナル『BMC Medicine』に発表された研究発表によると、魚や肉を食べる人と比べて、ヴィーガンは骨折するリスクが平均43%高かったという。

今回の研究では、イギリス人の比較的健康な成人、約5万5000人以上を平均18年間、2016年まで追跡し分析。内訳は、約3万人が肉を食べる人、約8000人が肉を食べずに魚を食べる人、約1万5000人が菜食主義者で、約2000人がヴィーガンだ。

この研究の筆頭著者であるオックスフォード大学・ナフィールド人口保健局の栄養疫学者であるタニー・トン博士は、「ヴィーガンはあらゆる箇所の骨折リスクが高い。肉を食べる人と比較して、10年間で1000人あたりの症例数が多くなっている」と記している。特に股関節の骨折リスクは2倍以上だという。

次ページ:栄養の偏りが骨折リスクに

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • FIND YOUR FASHION
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • ブックレビュー
  • Z世代の挑戦者たち
  • CSAJ JOURNAL ON FINDERS
  • 幻想と創造の大国、アメリカ