FINDERS

みんな連れてきちゃいました!黒猫が子猫たちを連れて、餌をくれた女性に挨拶に来た件
  • GLOBAL
  • 2020.11.30
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

みんな連れてきちゃいました!黒猫が子猫たちを連れて、餌をくれた女性に挨拶に来た件

文:真田正行

庭先で出会った黒猫が妊娠

カナダ・ケベック州に住んでいるリシアンさんは今年の夏の初め、庭先で毛がふさふさの可愛いらしい黒猫を見かけた。野良猫と思われるその黒猫は、お腹を空かせている様子だったので、リシアンさんは水と餌をボウル一杯に入れて与えた。『the dodo』によると、リシアンさんはこの黒猫を「ウサギ」と名前を付け、可愛がるようになったという。その後もウサギは毎日庭先に現れ、リシアンさんに餌を貰って一緒に遊び、日に日に恰幅も良くなっていった。

そんなある日、リシアンさんはウサギのお腹が、異常なほど大きくなっていることに気がつく。なんとウサギは餌のせいで太ったのではなく、妊娠していたのだ。

やがてウサギは子猫を戸外で出産。ウサギはこれまで通りリシアンさんから餌をもらっていたが、出産から数週間経った頃、意を決したかのように子猫を1匹ずつベランダに呼んできた。6匹の子猫を連れて、挨拶に来たのだ。リシアンさんはウサギが助けを求めていることを察し、全員を家の中に招き入れた。

しかし、全員育てるのはさすがに厳しい。そこで、リシアンさんはウサギを引き取り、リシアンさんの友人がサバトラの毛並みの1匹をもらい、残りの5匹の子猫は地元の動物保護団体『Chatons Orphelins Montréal』に引き渡し、それぞれの里親を探すことになった。

次ページ:その後の子猫たちは

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家