FINDERS

11歳少女が母親のスマホで、1200万円相当をライブ配信者に投げ銭してしまった事案が韓国で発生
  • GLOBAL
  • 2020.11.23
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

11歳少女が母親のスマホで、1200万円相当をライブ配信者に投げ銭してしまった事案が韓国で発生

Photo By Shutterstock

文:山田山太

新型コロナウイルスによるパンデミック発生後、世界中の子どもたちが外に出かけて遊ぶことを制限され、代わりに自宅で過ごす時間が増えた。

しかしその結果、思わぬところで被害を被っている家族もあるようだ。

母親のスマホが自由に使えた理由

韓国・ソウルに住むキムさん(48歳)は銀行口座を見て愕然とした。およそ1億3000万ウォン、日本円にして約1200万円相当が無くなっていたのだ。

なんと11歳になるキムさんの娘が母親のスマートフォンを使い、ライブストリーミングサービス「ハクナライブ」で、ライブ配信者にサービス内通貨を送る、いわゆる投げ銭を行っていたことが判明。娘は、35人の配信者に対して、8月3日から12日の10日間の内に、この大金の投げ銭をしていたという。

今月4日、キムさんは地元ラジオ局CBSのインタビューに応じ、母親は視力と脳に障害を持っていたため、自身のスマートフォンにはロックをかけていなかったことを明かした。そのため、娘が自由にスマートフォンを使用できる環境となっていたのだ。

キムさんは配信者全員に払い戻しを求めたところ、幸いそのうちの何人かは返金に同意したが、最終的に約4600万ウォン(約400万円)は回収することができなかったという。

次ページ:新型コロナウイルスがもたらした思わぬ被害

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • JKA Social Action × FINDERS
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家