FINDERS

中国の食肉店で鎖につながれ命を失う直前の白い犬、手を差し伸べ助けを求める。その後の展開に胸をなで下ろす
  • GLOBAL
  • 2020.11.19
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

中国の食肉店で鎖につながれ命を失う直前の白い犬、手を差し伸べ助けを求める。その後の展開に胸をなで下ろす

文:山田山太

人類の生活をより豊かにしてくれるペットたち。しかし、国や地域によって食文化がことなるため、犬食文化が残っている地域もあるのもまた事実。中国もその一つだ。

そんな中、昨年10月に中国・吉林省で撮影された1本の動画が今、中国版TikTok「douyin」で大きな注目を集めている。

屠殺を待っている犬

投稿された動画には、白い毛並みのアメリカン・エスキモー・ドッグが映し出されている。だがよく見るとこの犬は鎖で鉄柵につながれており、どこか怯えた表情だ。投稿者によれば、撮影場所は食肉店の前だったという。そう、この犬は食用犬として屠殺される運命にあったのだ。

動画の中で、撮影者の男性が声をかけながら手を差し伸べると、犬はまるで助けを乞うように片手を差し出した。この犬は幸運にも、この男性によって引き取られることに。ヤンヤンと名付けられたこの犬は現在、元気に過ごしているとのことだ。撮影者は「動物の虐待を禁止する法整備を出来るだけ早く」と訴えた。

動物福祉団体Humane Society International (HSI) の担当者によると、ヤンヤンは他の飼い主の元から誘拐されたのではないかと考えている。「動画の中でヤンヤンは人間の差し出す手に応えるように前足を差し出しています。これはヤンヤンがほぼ確実に以前ペットだったということです。つまり、食肉取引のために盗まれた可能性が高いことを示しています」と『MailOnline』に語った。また、この食肉店では同月、似たような白い犬が救助されたという。

次ページ:中国でも高まる犬食禁止の機運

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 幻想と創造の大国、アメリカ
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • ハズさない!接待メシ
  • テック×カルチャー 異能なる星々|深沢慶太|フリーライター・編集者
  • JKA Social Action × FINDERS
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー