FINDERS

筋ジストロフィーの息子の電動車イス募金のため、超高所恐怖症の父親がスカイダイビングに挑戦
  • GLOBAL
  • 2020.09.17
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

筋ジストロフィーの息子の電動車イス募金のため、超高所恐怖症の父親がスカイダイビングに挑戦

 

1カ月足らずで目標達成

ジョシュさんが募金をウェブサイトで呼びかけたところ、寄付金は1カ月足らずで目標金額を達成。こうしてジョシュさんのスカイダイビングの挑戦が決定した。当然「私はスカイダイブが怖いです」と本音を漏らすジョシュさんだが、同時にザック君への熱い思いもある。「結局のところ20分程度の嫌な時間です。それを我慢すればザックが欲しい車イスを手に入れられます」と意気込んでいる。当日は同じく高所恐怖症の友人も一緒に飛んでくれるという。

ジョシュさんの並々ならぬ思いとオンラインでの熱い応援を受け、近頃のザック君の目は輝きを増している。「もし電動車イスが手に入ったら外に行けるね」「ポケモンGOで遊べるね」と8歳らしい喜びを口にしているとのこと。現在も募金は呼びかけられており、これまで約600人が寄付を投じている。集まった寄付金は電動車イスの購入に充てる他、ザック君の医療費に使われる予定だ。

まさに「清水の舞台から飛び降りる」というのはこのような覚悟のことだろう。決戦の日は9月22日。息子への愛情から生まれたジョシュさんの大空への挑戦は、多くの人の期待を乗せている。


< 1 2
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 大麻で町おこし?大麻博物館のとちぎ創生奮闘記
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • 幻想と創造の大国、アメリカ