FINDERS

800インチ相当の迫力大画面を独占!世界最軽量クラスのプライベートシアター「Photontree X」が手放せない
  • ITEM
  • 2020.08.03
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

800インチ相当の迫力大画面を独占!世界最軽量クラスのプライベートシアター「Photontree X」が手放せない

文:岩見旦 写真:赤井大祐

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらぬ中、映画館から足が遠のいたという人も少なくないだろう。でも、どうしても大画面で映画が見たい。だけど、ホームシアターは夢のまた夢。そんな悩みを抱える人たちに紹介したいガジェットが、世界最軽量クラスのウェアラブル型のプライベートシアター「Photontree X(フォトンツリー・テン)」だ。

光学映像技術のスタートアップ企業であるPhotontreeが6月24日より、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて「Photontree X」の先行予約販売を開始。目標金額50万円のところ、すでに2283万円の支援を調達しており(7月31日現在)、今大きな注目を集めている。

今回FINDERSでは、一足先に「Photontree X」を提供していただいたので、レビュー形式で紹介する。

箱の中身は、非常にシンプル。本体と、シリコンマスク、ヘッドストラップ、そしてイヤホン、レンズクリーナーだけだ。それもそのはず、映像音声出力にHDMI端子、給電にはUSB-A端子を採用しており、デバイスにケーブルをつなぐだけで簡単に使えるよう設計されている。面倒なインストールなどの手間は一切ない。手持ちのMacにもアダプタを使うだけで接続することが出来た。YouTubeやNetflixなどの映像コンテンツから、Nintendo SwitchやPS4などのゲームに至るまで、さまざまなデバイスに対応している。

早速装着してみると、目の前に巨大なスクリーンが出現。まるで映画館の中にいるかのような没入感が味わえた。この画面の大きさは800インチに相当するという。シネコンのスクリーンの最大クラスだ。搭載されている2枚のLCDスクリーン(583PPI)と、特殊研削した2つのレンズによる視覚作用を利用することで実現したとのこと。さすが、AppleやSONYなどの光学系製品設計に携わっていたメンバーが独立して作っただけのことはある。

そして特質すべきはやはりその圧倒的な軽さだ。ディスプレイの重さはたった190g。私もヘッドマウントディスプレイを持っているが、長時間使用すると首が疲れてしまう。一方、「Photontree X」は2時間の映画を余裕で鑑賞することが出来た。この軽さなら、気軽に持ち運ぶことも出来るだろう。

場所を選ばず、自由な姿勢で大迫力の映像を楽しめる「Photontree X」。このステイホーム生活で手放せなくなるアイテムになりそうだ。3万9800円の特別価格で購入できる先行予約販売は8月28日18時まで。気になる方は、『Makuake』のプロジェクトページをチェックしてほしい。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

    SERIES

    • 松崎健夫の映画ビジネス考
    • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
    • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
    • 当たりすぎるタロット占い|ムンロ王子|パワータロット・カウンセラー
    • 青木真也の物語の作り方〜ライフ・イズ・コンテンツ|青木真也|総合格闘家
    • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター