FINDERS

庭先に作った、自由に持っていっていい食料品コーナー。すぐに荒らされると思ったら、予想外の展開に
  • GLOBAL
  • 2020.04.15
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

庭先に作った、自由に持っていっていい食料品コーナー。すぐに荒らされると思ったら、予想外の展開に

日に日に成長するパントリー

3月30日、パントリーのスペースが拡がった。近所の人が机を貸してくれたようで、食料品の他にトイレットペーパーや生理用ナプキン、本などが揃った。中には150ドルの現金を寄付してくれる人まで現れた。

さらに5日後の4月4日、なんと大きなテントが出現。寄付された現金を使い、テリーさんの父親が購入した。寄付された物資の量も増え、ちょっとしたお店のように。規模が大きくなるにつれて、生鮮食品、乳製品、肉などの寄付はしないようルールを決め、それ以外の食料品、飲み物、おむつ、おしりふき、衛生用品、紙製品、ペットフードに限って受け入れた。「寄付して下さった皆さん、ありがとうございました。皆さんの協力がなければ、このパントリーは成り立っていなかったでしょう」とテリーさん。

誰かの善意が誰かの善意につながっていく。日本ではまだ寄付文化が浸透しているとは言い難いが、身の回りでできる範囲のことをやってみると、思わぬつながりが生まれるかもしれない。


< 1 2
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • 令和時代のオープンイノベーション概論|角勝|株式会社フィラメント代表取締役CEO
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • 青木真也の物語の作り方〜ライフ・イズ・コンテンツ|青木真也|総合格闘家