FINDERS

ケンタッキーを1年間、タダで食べ続けた男が逮捕。その驚きの犯行手口とは?【追記あり】
  • GLOBAL
  • 2019.05.15
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ケンタッキーを1年間、タダで食べ続けた男が逮捕。その驚きの犯行手口とは?【追記あり】

Photo By Shutterstock

文:岩見旦

【5月16日追記】KFC南アフリカは、下記の報道に関して事実ではないと発表した。

カーネルサンダースでお馴染みケンタッキー・フライドチキン。11種類のハーブとスパイスが配合されたオリジナルのチキンは、イベントやお祝いごとにはピッタリだ。

そんなケンタッキーのメニューを1年間、無銭飲食したとして、南アフリカのクワズール・ナタール大学の生徒である27歳の男性が逮捕された。その大胆極まりない犯行手口に注目が集まっている。

本社から派遣されてきたと偽る

India Today』によると、その犯人はケンタッキーの店舗を訪れ、従業員に「商品の品質が基準に達しているか」をチェックするため、本社から派遣されてきたと伝えていたという。

その犯人は本社の人間を装うため、キチンとした身なりで来店し、IDカードまで用意していた。さらにリムジンで来店したというから驚きだ。そのリムジンの運転手は犯人の友人であり、共犯だったとのこと。この犯人は同様の手口で、ダーバン周辺の異なる店舗で毎日ケンタッキーのメニューを食べていた。

被害に遭った店舗の従業員は『Xpouzar』に「本社から来た人に失礼がないよう、私たちは彼が到着したとき全力を尽くしました。彼は自信満々で、同僚たちも彼のことを知っていたので、説得させられました」と明かしている。

犯人は入店してからキッチンへと向かい、メモを取りながら、店舗内のすべてチェック。そして、サンプルとして商品を要求し、堂々とメニューを手に入れていたという。犯人はあらゆることを知っていたので、おそらく以前ケンタッキーで働いていたのだろうと従業員は推測する。

この巧妙な犯行に、ケンタッキー側は騙されていたと気付くまで2年もかかった。

「彼は伝説」SNS上で多くのツッコミ

ケニアのジャーナリストであるテディー・ユージーン氏が12日、自身のTwitterにこのニュースを投稿。現在、2万7000以上のリツイートを獲得し、この事件が大きく知れ渡ることとなった。想定外の事件に、SNS上では「彼は伝説」「本部の仕事としては完璧だ」「逆にケンタッキーは彼を雇うべき」などと多くのツッコミが寄せられた。

誰も嘘を付くことを想像していないような詐欺行為を、ちゃんとした格好で自信たっぷりに行うと、意外と人は簡単に騙されてしまうものなのかもしれない。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • オランダ発スロージャーナリズム
  • ハズさない!接待メシ
  • アフリカンジャパニーズ・ビジネス周遊記
  • employer brand research 2019.〜いま最も働きたい企業 2019〜
  • 友清哲のローカル×クリエイティブ
  • FINDERSビジネス法律相談所