FINDERS

昭和時代へタイムスリップ!本当に使えるミニチュアサイズの昭和家電ガジェットが誕生
  • ITEM
  • 2019.02.13
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

昭和時代へタイムスリップ!本当に使えるミニチュアサイズの昭和家電ガジェットが誕生

文:岩見旦

今年4月30日、平成が終わる。改元が迫っているにも関わらず、未だに昭和を懐かしんでいる人も少なくないのではないだろうか。ときには平成生まれとのジェネレーションギャップを感じることもあるだろう。

そんな世代の大人たちをワクワクさせる、ミニチュアサイズの昭和家電ガジェット「ザ・昭和シリーズ」が、タカラトミーアーツから2月28日に発売される。

砂嵐をトントン叩いて直す「昭和スマアトテレビジョン」

アプリをダウンロードしたスマホをセットするブラウン管テレビ風の「昭和スマアトテレビジョン」。ダイヤルを回してチャンネルを替えることができる。

テレビの画質は、白黒・1960年代風・1980年代風・地デジの4種類から選択可能。画面に突然現れた砂嵐を、テレビの上部をトントンと叩くことで直すという“昭和あるある”が詰め込まれている。希望小売価格は3,980円。

針を落とすと音楽が流れる「昭和レコードスピーカー」

ポータブルレコードプレイヤーを再現したBluetooth対応の「昭和レコードスピーカー」。スマホなどでペアリングし、アームを動かしてレコード盤の上に針を落とすと、音楽が再生される仕組みになっている。

さらにスマホに専用アプリをダウンロードすると、「45回転風」「33回転風」の2種類のスピードで音楽を流すことができ、細部までこだわりが込められている。希望小売価格は4,980円。

小さなカセットテープに録音ができる「昭和ミニラジカセ」

本体に小さなカセットテープを入れて録音ができる、手のひらサイズの「昭和ミニラジカセ」。AM・FMラジオが聴けるほか、本体にラジオの音を録音することもできる。

さらにA面・B面それぞれ最大5分まで録音できるカセットテープが付属。希望小売価格は5,480円。

懐かしいあの時代にタイムスリップしたような気分が味わえる「ザ・昭和シリーズ」。平成生まれにとってはむしろ新鮮に映るのではないだろうか。


タカラトミーアーツ「ザ・昭和シリーズ」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • ブックレビュー
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • アクティビスト・小玉直也の「こんな人生があるのか!?
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー