FINDERS

くしゃみを手で抑えるのは間違い? インフルエンザ感染を防ぐ「咳エチケット」が話題
  • CULTURE
  • 2019.02.08
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

くしゃみを手で抑えるのは間違い? インフルエンザ感染を防ぐ「咳エチケット」が話題

Photo By Shutterstock

文:岩見旦

インフルエンザの猛威が止まらない。、厚生労働省によると1月第4週(1月21日から27日まで)の1週間の患者数は1医療機関あたり57.09人で、1999年の調査開始以来、過去最多になった。

インフルエンザなど、咳やくしゃみなどにより広がる感染症の拡大を防ぐため、覚えていてほしいのが「咳エチケット」。厚労省が紹介している、世界保健機関(WHO)推奨の「咳エチケット」が今、注目を集めている。

咳やくしゃみは上着の内側で覆う

咳やくしゃみをする際、マスクをしていなかったり、手元にティッシュやハンカチなどが無い場合、手で鼻や口を抑えることがある。しかしこの方法は「咳エチケット」に反している。

手に付着したウイルスが、ドアノブなど周りものを介して、他の人に移す可能性があるからだ。

正しい「咳エチケット」とは、上着の内側や袖で口・鼻を覆うという方法だ。マスクが無かったりティッシュ・ハンカチが使えない場合は、この方法を薦めている。

特に、電車や職場、学校などの人が集まる場所では、感染拡大の防止のため、この「咳エチケット」が重要としている。

アメリカ在住のガン研究者が注意喚起

アメリカ在住のガン研究者・大須賀覚氏は2月7日、「大多数の日本人は急なくしゃみの時、手で口を押さえます。これは良くない」とTwitterで注意を喚起。国際的にやられているという上記の方法を紹介した。

この投稿は約3万件のリツイートを記録し、「初めて知りました」「これは勉強になります」「理にかなっていますね」など、驚きの声が多数寄せられている。

大須賀氏自身も渡米した際、肘の内側でくしゃみをするこの方法に違和感を覚えていたが、日本の慣習が間違っていたと後々知ったとのこと。そして、「ぜひ小さいうちからこの習慣を身につけるように、子供に教えてあげてもらいたい」と訴えた。

まだまだ続くインフルエンザの大流行。ウイスルの拡散を防ぐのは、あなたの心がけ次第なのかもしれない。


厚生労働省「咳エチケット」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • interop
  • 株式会社映像センター

SERIES

  • ビジョナリーズ
  • ハズさない!接待メシ
  • オランダ発スロージャーナリズム
  • テック×カルチャー 異能なる星々
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • アフリカンジャパニーズ・ビジネス周遊記