FINDERS

最新テクノロジーが一同に集結する「CEATEC2022」。何年か先の未来の都市空間を体験できるかも
  • BUSINESS
  • 2022.10.18
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

最新テクノロジーが一同に集結する「CEATEC2022」。何年か先の未来の都市空間を体験できるかも

文:FINDERS編集部

オンライン会場もオープン

本日10月18日から10月21日にかけて「CEATEC 2022」が幕張メッセにて開催となる。

「経済発展と社会課題の解決を両立する「Society 5.0」の実現を目指し、あらゆる産業・業種の人と技術・情報が集い、「共創」によって未来を描く。」という趣旨のもと、国内外のテクノロジー系企業や大学、団体が一同に介し、開発する最新技術などの展示やデモンストレーションを行なうというものだ。

2020年、2021年は新型コロナウイルスの影響によりオンライン開催となっていたが、今年は3年ぶりにリアルイベントとして、幕張メッセで開催となる。

会場は主に6つのエリアにわかれている。

「デジタル田園都市」をテーマに各種企業や団体がSociety5.0を体現するパビリオンの出展やイベントが行なわれる「パートナーズパーク」。製品や部品などの自社で開発する最新テクノロジーなどを紹介する「トータルソリューションエリア」と「キーテクノロジーエリア」。特定の分野の産業やマーケットを変革するべく新たなサービスやソリューションを紹介する「スマート×インダストリーエリア」。海外企業や団体などが出展する「グローバルエリア」。そしてスタートアップや大学の研究機関が集まる「スタートアップ&ユニバーシティエリア」だ。

ソニーやKDDIなどの日本を代表する大企業から新進気鋭のスタートアップ、普段はなかなか知る機会の少ないBtoB企業や研究機関などなど、大小さまざまな団体がそれぞれに想像する、未来の都市空間を先取りした展示となるだろう。

その他にも、企業や自治体、駐日大使などによるトークセッションや、スタートアップ企業、大学研究機関によるピッチイベント、学生向けのワークショップなどさまざまなコンテンツが用意されている。

リアル会場でのイベントは10月21日まで「CEATEC 2022」のウェブサイトから登録をすれば無料で参加可能だ。さらにオンライン会場も10月31日までオープンしている。

また会期中はFINDERSのTwitterアカウントで「私たちの生活がどのように変わっていくのか」ということに焦点をあて、イベントの様子をレポートしていくことを予定している。まずは簡単に会場の雰囲気を感じ取りたい、という方も是非チェックしていただきたい。


CEATEC 2022

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 大麻で町おこし?大麻博物館のとちぎ創生奮闘記
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • JKA Social Action × FINDERS