FINDERS

ロボット掃除機一筋の中国企業が生み出した「DEEBOT TURBO」。掃除機とモップの両活用&アプリ連携で部屋中ピカピカ
  • ITEM
  • 2022.02.25
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ロボット掃除機一筋の中国企業が生み出した「DEEBOT TURBO」。掃除機とモップの両活用&アプリ連携で部屋中ピカピカ

文:FINDERS編集部

床についた頑固な汚れから小さなゴミまで対応

ドラム式洗濯機や全自動食洗機など、家事を自動化してくれる家電。小型化や価格の定価によって、以前より手に取りやすくなり、近年大きく注目を集めている。ロボット掃除機もその一つだ。

「DEEBOT TURBO」は、1998年に中国・蘇州でスタートしたロボット掃除機専門メーカーECOVACS ROBOTICSのハイエンドモデル。掃除機と床拭きの二つの機能を備えたロボット掃除機だ。

掃除機には高性能静音ブラシレスモーターを採用しており、ペットの毛からネジのような重いゴミまで吸引してくれる。吸引力は、5,000Paだ。ゴミを吸引する際、上下可動式メインブラシが地面に密着。壁際から部屋の角までくまなく綺麗にする。

床拭き機能には、毎分180回転するデュアルモップを搭載。双方向回転式加圧技術によって床に圧力をかけ、掃除機では吸引できない頑固な汚れも拭き取ってくれる。

モップが汚れた際はステーションまで自動で戻り、念入りに洗浄。清潔さを保った状態で掃除を行う(人間かよ……)。すすぎと乾燥も自動で行ってくれるので、手入れの手間を省くことができる。 

距離測定センサーと障害物検出システムを採用し、室内にある障害物を避けてくれる。人やペットも検出するので、ケガの心配は少ないだろう。「True Mapping2.0」によって壁までの距離・家具の位置と形状を測定してくれる。

また、アプリを通じて、テーブルやベッドなど家具のレイアウトを自由に3Dで設定可能。進入禁止エリアなども設定できる。また稼働スケジュールも走行ルートと合わせて設定可能。効率的に掃除が可能だ。

ちなみに、内蔵カメラを通して、自宅内の様子を把握することが可能だ。もしものことがあった際に柔軟に対応できる。

DEEBOT TURBOは、現在Makuakeにて、クラウドファンディングを実施中。13万6000円で購入できる。メインブラシなどのパーツが破損または紛失した場合に備え、追加オプション(6400円~)を一度チェックすることをおすすめする。


支援はこちらのページから↓
ロボット掃除機一筋の専門家ECOVACSが贈る最高傑作|DEEBOT TURBO

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 大麻で町おこし?大麻博物館のとちぎ創生奮闘記
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • JKA Social Action × FINDERS