FINDERS

水が勝手に空中を昇っていく!?幻想的な加湿空気清浄機「Anti-Gravity2」
  • ITEM
  • 2021.09.26
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

水が勝手に空中を昇っていく!?幻想的な加湿空気清浄機「Anti-Gravity2」

文:FINDERS編集部

機能性とデザイン性を兼ね備えた加湿空気清浄機

秋の訪れを感じる日が増えるとともに空気の乾燥も気になってきた。空気清浄機や加湿器の購入を考えている人も多いだろう。量販店で手に入るスタンダードタイプもいいが、どうにも素っ気ない印象はある。まだまだ部屋で過ごす時間が長い分、インテリアとしても満足できるものが欲しいところだ。

「Anti-Gravity2」は砂時計のような形をした加湿空気清浄機。なんと言っても特長は本体中央にて水滴が宙を漂い上昇していく不思議なデザイン。もちろん実際に水滴が上昇しているわけではなく錯視によるものだが、幻想的な動きはいつまでも眺めていたくなる。

こだわっているのはデザイン性だけではない。水滴の流れとともに毎秒6,000万個/㎤のマイナスイオンを放出し、PM 2.5などの有害物質を遮断。ホルムアルデヒドの除去率は97%、PM2.5の除去率は95%とのことだ。

ただしマイナスイオンが発揮すると言われる多くの効果・効能の科学的根拠については未だ議論が別れていることは付け加えておきたい。シンプルに加湿器として考えるのがベターだろう。

稼働中の音は40デシベル以下。寝室や寝ている赤ちゃんの横に置いても、睡眠を邪魔することはないだろう。

操作は1つのボタンで完結し、自動モード・照明モード・水滴バックモードを自由に切り替え可能。また、シンプルで上品なデザインのため、リビング・書斎・寝室・オフィスなど設置する場所を選ばない。

「Anti-Gravity2」は、現在CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。デザイン性と機能性、どちらも譲れない人に


支援はこちらのページから↓
水が逆流するクリエイティブデザイン! 加湿空気清浄機Anti-Gravity2

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー