FINDERS

スマホに装着して使う財布「and W」。電子決済の普及が財布のありかたを変えていく
  • ITEM
  • 2021.07.08
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

スマホに装着して使う財布「and W」。電子決済の普及が財布のありかたを変えていく

文:FINDERS編集部

今の財布って本当に正解?

ここ数年の電子決済の普及は、日本に起きた大きな変化の一つだろう。都心に限れば大体の場所ではスマートフォンと数枚のカードさえ持っていればなんとかなる。とは言え100%クレジットカードや電子決済に対応しているとは言い難く、現金をまったく持たないわけにもいかないという微妙な状況にある。

決済方法の多様化やそのバランスに変化が起きれば、財布に求められる機能や役割も変化すると考えるのが自然だろう。そしてそんな現代にちょうどいい財布が「and W」だ。

and Wはスマホに取り付けられる小さな財布だ。手ぶらで出掛けたい人も必ずスマホは持ち歩く。そう考えるとスマホと財布が一緒になるのは非常に合理的とも言える。

収納力にも注目したい。カードは4、5枚、紙幣は一般的な財布と変わらない程度に、小銭は十数枚入る。十分な容量だろう。そしてお札・カード・小銭それぞれにアクセスしやすいように設計されているので使い勝手も良好。従来の財布と変わりなく使える点が嬉しい。

もちろんスマホから取り外して単体でも使える。スーツの胸ポケットにも楽々入るサイズでかさばらないのは、コンパクト設計ならではだ。

and Wをスマホに取り付ける際は専用のマウントが付属されるので、着脱は簡単。また取り付けたままでもスムーズにお札の出し入れができるので、会計時にもたつかず決済が可能だ。手が大きい人であれば、取り付けた財布部分が程よいグリップにもなるだろう。

素材は本革3種類と合皮4種類の計7種類展開。なかでも本革はシボが美しい牛革と、柔らかな手触りで艶のある羊革の2種類があり、ものづくりへのこだわりが感じられる。

「and W」は現在CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。今使っている財布は自身の生活スタイルに本当にあったものだろうか?一度しっかりと見直してみてはいかがだろうか。


支援はこちらのページから↓
【特許技術】スマホと一緒に持ち歩く、小さな財布「and W」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞