FINDERS

カメラマンいらずの撮影用スマホスタンド「OBSBOT Me」。TikTokもYouTubeもクオリティアップできそう
  • ITEM
  • 2021.06.26
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

カメラマンいらずの撮影用スマホスタンド「OBSBOT Me」。TikTokもYouTubeもクオリティアップできそう

文:ひで

動いてもセンターをキープできる、カメラマンいらずのスマホスタンド

自撮りするときにスマホをスタンドに固定して行う姿はよく見る光景だ。あまり動きのない撮影なら問題ないが、ダンスをするときなどは画角から外れて見切れてしまったりして撮影が難しい。そんな時は自動追尾機能がついたスマホスタンド「OBSBOT Me」が便利だ。

OBSBOT MeにはAIが搭載されており、人物を検知して追尾。OBSBOT Me本体に検知専用の広角センシングカメラが付いており、近距離でも安定した追尾ができる。

ジェスチャー捜査にも対応しており、カメラに映る人物が片手を上げることで追跡を開始する。もちろん本体のボタン操作で手動ロックも可能だ。カメラから離れたところから操作できるので非常に便利。

本体は折りたたみ式でコンパクト。付属の三脚は取り外し可能なので小さめのポーチでも十分入る。手のひらサイズなので女性にも扱いやすい点が嬉しい。

撮影は好きなアプリを使用できる。YouTubeやTikTokなど自分がメインで使っているアプリがそのまま使えるので面倒なセットアップなどは必要ない。この手のガジェットは専用アプリで操作する製品も多いが、OBSBOT MeはWi-FiやBluetoothの接続も必要がないのでとてもシンプル。撮りたいときにすぐ撮れるのがいい。

またスマホをホールドしている部分が90°回転するので縦撮りにも対応。

先程少し触れたが、三脚を取り付けるネジ穴は1/4サイズを採用している。1/4サイズといえばカメラ用の三脚に使われている標準規格なので、付属のもの以外にも様々な市販の三脚が使える。用途によってカスタマイズして使うとより便利になるだろう。

OBSBOT Meは収納ケースと充電ケーブルがついたベーシックパックと、さらにセルフィーリングライトとカメラリモートシャッターがセットになったエクステンションコンボの2セットが用意されている。

ライブ配信やビデオ通話需要が増えている中、OBSBOT Meでクオリティの高い撮影をすることであなたのクリエイティブを一段上げてみてはどうか。

OBSBOT MeはクラウドファンディングサイトCAMPFIREで支援を受け付けている。


支援はこちらのページから↓
OBSBOT Me:AIを活用した自動追尾スマホマウント

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー