FINDERS

18回もの薬物注射を生き延び、死刑執行を免れた男。新型コロナウイルス感染で死亡
  • GLOBAL
  • 2021.06.08
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

18回もの薬物注射を生き延び、死刑執行を免れた男。新型コロナウイルス感染で死亡

延期に次ぐ延期の死刑執行。新型コロナウイルスに感染か

ブルームは、2度にわたる死刑執行の失敗は、憲法違反であると異議申し立てをした。しかし、オハイオ州最高裁判所は2016年、薬物が静脈に入った時に初めて死刑が執行されるのであり、前回の執行が失敗したとは言えないとする判決を下した。

その後、ブルームは2020年6月17日に死刑執行される予定だったが、薬品が入手できなかったことを理由にさらに延期。2022年3月16日へと延ばされた。

ところが、昨年12月28日、執行を待たずしてブルームは64歳で死亡した。死因は新型コロナウイルス感染による合併症とされている。当時、刑務所内でパンデミックが起きていたという。

なんとも皮肉な最期を迎えることとなったブルームだが、同時に死刑制度の難しさを痛感する出来事でもあった。日本も数少ない死刑制度をもつ国の1つとして、改めて向き合っていかなければならない。


< 1 2
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー