FINDERS

まさに奇跡!離島の海で結婚指輪を失くした数カ月後、身体に指輪がはまった魚が発見される
  • GLOBAL
  • 2021.05.25
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

まさに奇跡!離島の海で結婚指輪を失くした数カ月後、身体に指輪がはまった魚が発見される

文:鈴木杏奈

探し物というのは、探している時はなかなか見つからず、諦めた頃に思いも寄らないところから出てくるものである。

そんな探し物をめぐり、オーストラリアで起きた驚きの出来事が、SNSで話題になっている。

結婚指輪にはまってしまった魚

オーストラリアのノーフォーク島で編集者をしているスーザン・プライアーさんは5月10日、ダイビングをしている時に非常に珍しいキラキラと光るボラを見つけた。なんと、そのボラは金の結婚指輪を身体にはめていたのだ。

スーザンさんのブログによると、ボラは餌を求めて砂の中を泳ぐので、プラスチック製のリングやヘアゴムに引っかかってしまうことがあり、実際にスーザンさんも今年2月にペットボトルの飲み口から外れたリングにハマってしまったボラを目撃し、悲しく感じたという。

スーザンさんはこの魚を見つけた時、地元コミュニティのSNSで読んだ投稿を思い出した。それは、男性が海で指輪を失くしてしまったという記事だ。スーザンさんは魚を捕まえていなかったものの、記事に出ていた男性であるネイサン・リーブスさんに連絡を試みた。

地元友人たちによる大捜索

今年1月、ネイサンさんは結婚して2年になる妻のスージー・クインタルさんとともに、ノーフォーク島を訪れていた。ネイサンさんは、結婚2周年の記念日の前日、この海で泳いでいる時、指輪を扮してしてしまった。

スージーさんは『Daily Mail Australia』の取材に「夫は必死に指輪を探しましたが、まったくの徒労に終わりました。そして、失くしたことを聞いた時は、とてもがっかりしました。なぜなら、夫にはいつも、泳ぎに行く前は指輪をはずすよう忠告していたからです」と語った。

現在、夫妻の友人たちはこの魚を捕獲するため、網やスキューバダイビングの機材、底が透けて見えるグラスボトムボートを用意しているという。

次ページ:海洋ごみ削減のきっかけに

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー