FINDERS

医療グレードの純チタンで作られた一生物のケトル「FLOW」。簡単に物を使い捨てる生活そろそろやめる?
  • ITEM
  • 2021.04.21
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

医療グレードの純チタンで作られた一生物のケトル「FLOW」。簡単に物を使い捨てる生活そろそろやめる?

文:ちびすけ

細かい配慮が行き届いたモデル

まだまだ気軽に出かけられないこのご時世、自宅でカフェのようなコーヒータイムを楽しみたいという方もいるだろう。せっかくなら、おしゃれで、そして長く使えるアイテムを揃えたいところだ。

そこでおすすめなのが、チタン製ケトル「FLOW」だ。チタン製品の専門ブランドである「TITANO」が開発したハイエンドケトルで、シンプルかつスタイリッシュなデザインに目を奪われる。

ハンドル部分にブナ材を使用することで、無機質になりがちな金属素材に木材の温かさをプラス。ケトルの熱を伝えず、自然と手に馴染むデザインだ。ケトルの表面はチタンならではの自然な色合いにこだわり、マットな手触りで高級感のある仕上がりに。このように、金属素材と木材という異素材を組み合わせることで、機能的なデザインを実現した。

もちろん見た目だけではない。ハンドル部分を長めに設計し、コーヒードリップに最適な重量バランスを実現。さらに、注ぎ口の先端に向けて開いた形状にすることで、湯量がコントロールしやすくなっている。フタには簡易的なロック機能が付いているため、本体を傾けたときにフタが落ちる心配もない。

「FLOW」には、錆びにくく耐久性に優れた医療グレードの純チタンを使用。チタンには細菌の繁殖を防ぐ抗菌性があることが知られており、食べ物や飲み物の風味を変えない素材として非常に優秀だ。つまり、時間が経っても美味しいコーヒーが味わえるというわけだ。

本体の重量はたったの218g。チタンは鉄と比べて6割ほどの重さだが、強度は鉄の約2倍である。そのため安心して持ち運ぶことができ、キャンプやピクニックでもコーヒータイムが楽しめる。

「FLOW」は、現在CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。一生モノのケトルで、1日の中にコーヒータイムを作ってみてはいかがだろうか。


支援はこちらのページから↓
一生使える究極のケトル。医療グレードの純チタンを採用した「FLOW(フロー)」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー