FINDERS

まるで無印?噂のダイソー新業態「Standard Products渋谷マークシティ店」に行ってみた
  • ITEM
  • 2021.03.29
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

まるで無印?噂のダイソー新業態「Standard Products渋谷マークシティ店」に行ってみた

文:三浦一紀

何か買い物をしようという時、とりあえず100円ショップに行くという人も多いのではないだろうか。筆者はそのタイプ。もはや100円ショップに行くことが趣味といってもいいくらいだ。

よく利用するのはダイソーとセリア。どちらも近所にあるので、時間があるとついつい足を運んでしまう。特にダイソーは、「欲しいものがある」というイメージがあり、個人的にとても信頼している。

そのダイソーが、渋谷マークシティ1階に新業態の生活雑貨ブランド「Standard Products by DAISO」の第一号店となる「Standard Products渋谷マークシティ店」を3月26日にオープンした。ダイソー大好き人間としてはぜひ見ておかねば。ということで、オープン日に行ってみた。

生活雑貨ショップのいいところを凝縮

入口を入り右手がダイソー、左手がStandard Products

マークシティの1階に行くと、見慣れたダイソーの看板が右側に、「Standard Products」の看板が左側に見える。Standard Products側に入店すると、まるで無印良品のような店内。カラフルな商品が並ぶダイソーと違い、全体的にシックな印象だ。

Standard Products店内。同行した編集者が「無印良品みたいですね」と言っていた

店頭に並ぶ商品は、330円の商品がメインで、なかには110円、550円、770円、1100円という商品もある。商品のデザインはダイソーで販売されているものに比べ上品な感じ。質感もダイソーのものより高い。

「ここ、ダイソーなんだよ」と言われても信じられないかもしれない。

収納用品、カトラリー、食器、アウトドア用品、スマートフォン関連用品など、品揃えはダイソーと同じような感じだが、とにかくデザインがシック。あまり主張しない感じだが、どんなインテリアにも馴染む感じ。それこそ、無印良品、IKEA、ニトリといった生活雑貨を扱うショップのいいところを凝縮したような商品群だ。

同じフロアにあるダイソーは、いつも通り。店内が広く、商品も多い。Standard Productsを見てからダイソーを見ると、その雰囲気の違いがよくわかる。なかには両店で売られているものもあるが、なんとなくStandard Productsで買いたくなる、そんな雰囲気がある。

オープン初日ということでStandard Products店内は多数の人で溢れていた。若い女性が多く見られ、食器やカトラリーなどを手にレジに並んでいる人が多いという印象だ。

交通の便がよく立地条件もバツグン。そこにこんなショップができたら、ついつい立ち寄ってしまうだろうな。筆者は仕事で渋谷に行くことが多いので、これは毎回立ち寄ってしまうだろうと思った。

次ページ:シックで上質な注目のアイテム

1 2 3 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー