FINDERS

400日間も里親が見つからず殺処分の危機に瀕していた犬、ついに飼い主と巡り会い笑顔で応える
  • GLOBAL
  • 2020.11.19
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

400日間も里親が見つからず殺処分の危機に瀕していた犬、ついに飼い主と巡り会い笑顔で応える

10万匹以上の命を救ったプロジェクト

『AHS』によると、このプログラムが発足して以降、同州における動物の安楽死をなんと81%減少させ、救われた命の数は10万にものぼるという。全米でも大きな注目を集める取り組みだ。

日本においては、犬の殺処分は年々減っているものの、2018年時点で年間7000匹以上の犬が殺処分に遭っており、決して少ない数とは言えない状況だ。一方でドイツのように殺処分ゼロを実現した国も存在しており、法制度はもちろん個々の意識においても、改善の余地はあるだろう。


< 1 2
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー