FINDERS

飼い主の起床を待ちきれなかったシェパード、早朝一人で家を飛び出し犬の保育園に遊びに来てしまう
  • GLOBAL
  • 2020.10.30
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

飼い主の起床を待ちきれなかったシェパード、早朝一人で家を飛び出し犬の保育園に遊びに来てしまう

文:山田山太 

人類のパートナーとして長い歴史を歩んできた犬。盲導犬や警察犬などの存在からもわかる通り、賢い動物だ。

ただそんな賢さが仇となってか、飼い主の許可なく一人で遊びに出かけてしまう犬もいるようだ。

家から一人で遊びに来たシェパード

カナダ・マニトバ州ウィニペグにある、24時間営業の犬のデイケアセンター「ハッピーテイルズ・ペットリゾート&スパ」は一時的に犬を預けておくことが出来る施設で、いわば犬の保育園だ。このデイケアセンターで働くマーティ・キャリエールさんは、10月17日早朝、店番をしながら、忙しくなる日中に向けて仕事の準備を進めていた。

すると6時30分頃、マーティさんは1匹の犬が店舗内に入ろうとしていることに気がついた。「普通は飼い主と犬が一緒に入ってくるのでで、飼い主を待っていたのですが、なかなか飼い主は現れず、犬は鼻でドアを突いていました」と『The Dodo』の取材に答えるマーティさん。

不思議に思い様子を見に近づくと、その犬は、週に3、4回はこのデイケアセンターで過ごす常連のシェパードミックス犬のジェム(5歳)だと分かった。驚いたマーティさんはドアを開けて、「ジェム、入っておいで」と声を掛けると、ジェムはすぐに駆け込んできた。しっぽを振って遊ぶ気満々だったという。

その後、マーティさんはジェムの飼い主に連絡すると、飼い主は急いで迎えにやってきた。どうやら家の門が開けっ放しになっていたため、ジェムがそこから脱走して1人で歩いてここまでやってきたとのこと。『CTVNews』によると、家からこのデイケアセンターまで5ブロックも離れているというから驚きだ。

次ページ:デイケアが好きすぎるジェム


1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • Z世代の挑戦者たち