FINDERS

犬を引き取りに保護施設に来た女性、健気に鳴く子猫に心奪われ、気付いたら持ち帰っていた件
  • GLOBAL
  • 2020.10.09
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

犬を引き取りに保護施設に来た女性、健気に鳴く子猫に心奪われ、気付いたら持ち帰っていた件

文:山田山太

犬と猫、どちらか片方を選ぶことはそう簡単にはできない。答えは簡単。どちらもかわいいからだ。

そんな中、海外の人気掲示板「Reddit」に投稿された、犬と猫の間で揺れ動く動物保護施設での出来事が注目を集めている。

保護施設に鳴り響く子猫の鳴き声

アメリカ・テキサス州ダラスに住むRedditユーザーの女性sychicfleaさんは今年9月、動物保護施設を訪れていた。地元のレスキューによって1匹のジャーマンシェパードが保護されたことを聞きつけ、里親になろうと引き取りに来ていたのだ。

ところが保護施設のロビーに入ると、大きな鳴き声が聞こえてきた。気になり見に行ってみると、そこで鳴いていたのは1匹の子猫だった。

Came for a dog and left with him from r/aww

保護施設は新型コロナウイルス対策として、直接動物に触ってはならなかったため、この子猫は一際大きな声で鳴いていたのだろう。水の入ったボウルを踏んで、びしょ濡れになりながら健気に鳴いている子猫の姿に心打たれたsychicfleaさん。どうしてもこの子を保護してあげたいと思い、その場でいくつかの保護団体に連絡した。しかしすぐには返答が得られなかったため、一度自身でこの子猫を引き取ることに決めた。

この子猫は大きな声で鳴いていたことから、イタリアのオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティをもじり、「パウ・ヴァロッティ」と名付けられた。sychicfleaさんは「まだ子猫なのに一人ぼっちでの生活を強いられることは、とても大変なことです」「幸いその時余分に檻を持ってきていました」と明かした。

次ページ:奇跡的に里親に巡り合ったパウ・ヴァロッティ


1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

    SERIES

    • Road to 2020 スポーツ×テックがもたらす未来|神武直彦|慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授
    • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
    • JKA Social Action × FINDERS
    • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
    • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
    • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director