FINDERS

タキシード姿で新たな飼い主を待っていた子犬、引き取り当日にドタキャンに。すると奇跡が舞い降りた
  • GLOBAL
  • 2020.09.29
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

タキシード姿で新たな飼い主を待っていた子犬、引き取り当日にドタキャンに。すると奇跡が舞い降りた

文:山田山太

古くから人間と生活を共にしてきた犬や猫。ペットとして圧倒的な人気を誇るが、一方で世話をしきれずに捨てられてしまうケースも非常に多い。

そんな中、多くの悲しみを乗り越えた一匹の子犬が注目を集めている。

申し出た飼い主が当日キャンセル 

コロンビア・シパキラで、捨てられていた生後3カ月の子犬は、動物保護団体「Fundacion Rescatame」によって保護された。この子犬は「ヴィセンテ」と名付けられ、新たな飼い主との出会いを待っていた。

幸いなことに、ヴィセンテのことを引き取りたいと申し出る男性がすぐに現れた。同団体の提示する里親としての条件も無事にクリアし、男性は9月9日、ヴィセンテを引き取りにくる予定だった。受け渡し当日、ヴィセンテは新しい家族との出会いに備え、お風呂に入れてもらい、タキシードの衣装を着て、新たな飼い主を今か今かと待っていた。

しかしその日、その男性が現れることはなかった。『Bored Panda』によると、男性はヴィセントの引き取りを「キャンセルする」とスタッフに電話で伝えたという。

同団体は9月9日、この時のエピソードを、タキシード姿のヴィセンテの写真と共にFacebookに投稿。「私たちの示す里親としての条件が厳しいとよく言われますが、こういうことが起こってしまうのが理由です」「里親になりたい方は、一生を共に過ごす覚悟を持ってください」と、軽率な申し出に対する怒り、そして動物を飼うことの責任を強く訴えた。

ヴィセンテの投稿はFacebook上でたちまち拡散され、2700件以上ものシェアを獲得し、多くの共感のコメントが寄せられた。さらに、ヴィセンテを引き取りたいと申し出が殺到した。

次ページ:新たな飼い主の元で幸せに暮らすヴィンセント


1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

    SERIES

    • Road to 2020 スポーツ×テックがもたらす未来|神武直彦|慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授
    • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
    • JKA Social Action × FINDERS
    • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
    • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
    • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director