FINDERS

天国の愛猫に向けて手紙を送った5歳の女の子、するとまさかの返事が!素敵なサプライズに思わずほっこり
  • GLOBAL
  • 2020.09.25
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

天国の愛猫に向けて手紙を送った5歳の女の子、するとまさかの返事が!素敵なサプライズに思わずほっこり

文:KNYS

長年愛したペットとの別れは多くの飼い主にとって耐え難く、その喪失感からペットロスに悩まされる人も少なくない。

そんな中、愛猫を失いペットロスに陥っていた5歳の女の子に起きたサプライズが話題となっている。

最愛の猫を亡くし眠れぬ夜を過ごす

英国サリー州ウォルトン・オン・テムズに暮らす5歳の女の子、ネヴァ・レーヴェちゃんは愛猫タンタンといつも一緒にいた。しかし、今年の初め、タンタンは心不全がきっかけで命を落とすことになり、大変なショックを受けていた。

タンタンの死後、眠れない夜を過ごしていたネヴァちゃんは、タンタンが天国で一人ぼっちで寂しくないか心配になり、手紙を書くことにした。

母親のタマラさん(26歳)はネヴァちゃんに、手紙を送るには天国は遠すぎるかもしれないと諭したが、どうしても手紙を送りたいという気持ちに押され、タンタン宛ての手紙を送ることにした。

手紙には、「タンタン、あなたがいなくて寂しいです。私にとって最高の猫で、愛しています。決して忘れません。私とあなたの写っている写真を持っているので、あなたも持っていて下さい」と、一緒の写真を同封し、ポストに投函した。

「僕は天国でとても元気にしているから心配しないでね」

するとその1週間後、驚くべきことが起きた。なんと、ネヴァちゃんの元に天国のタンタンから返事が届いたのだ。

「親愛なるネヴァへ。手紙と僕たちが一緒に写っている写真をありがとう。天国の僕のベッドにいつも飾っているよ」から始まるこの手紙には、「僕は天国でとても元気にしているから心配しないでね。こっちで友だちができたんだ。一緒に昼寝をするティブルスって友達がいるんだけど、すごいいびきをかくんだ。ご飯や僕らの世話は天使たちがやってくれるんだ」と天国での近況が綴られていた。そして、「僕がいなくなって寂しいかもしれないけど悲しまないでね。僕に似た猫のぬいぐるみを入れておいたから、寂しくなったら抱きしめてね」と、猫のぬいぐるみと母親と一緒に読むための本が同封してあった。

次ページ:手紙の送り主は一体誰?

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー