FINDERS

ムッとした時の「英語での言い返し」6選。遠回しはNG!いかに棘なく言えるかがカギ【連載】ハーディソンの「口癖」にしたい英会話(14)
  • GLOBAL
  • 2020.07.31
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ムッとした時の「英語での言い返し」6選。遠回しはNG!いかに棘なく言えるかがカギ【連載】ハーディソンの「口癖」にしたい英会話(14)

棘なく言い返すフレーズ

「馬鹿なこと言わないで」
I believe there could be some unintentional misunderstanding here. 
(直訳:意図しない誤解が起きているみたい)

「やらかしてくれたね」
There may have been unintentional misunderstanding about expectations between us.
(直訳:お互いが期待していたことに意図しない誤解が起きているみたいだね)

「話聞いてないよね?」
As per our previous conversation
(直訳:さっき話してたことの繰り返しになるけど)

「もうこの話終わったから」
I’m satisfied with where we are at now.
(直訳:現状に満足しています)

「この話終わり。次の話に行きます」
Looking forward to next steps, 
(直訳:じゃあ次のステップの話だけど)

「あなたの言ってること間違ってるよ」
Interesting. May I ask you what was the source?
(直訳:興味深いね。ソースはどこで見れる?)

国によってカルチャーは違いますが、日本人が海外の人たちとビジネスをする時に一番感じる壁は、「直接性」だと思います。

上記に挙げた例はあくまで優しく、それでもなるべく直接的に伝えていますが、これを遠回しに言ってしまうと、伝わるものも伝わらなくなってしまうので注意が必要です。

相手が察してくれると思わないことが大切で、いかに棘なく言えるかがポイントになってきます。


< 1 2
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • ブックレビュー
  • 令和時代のオープンイノベーション概論|角勝|株式会社フィラメント代表取締役CEO
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー