FINDERS

止まらないSNS中傷、被害者バッシング…「被害者意識」の暴走が産む加害の連鎖を断ち切るには DVや性暴力の支援に携わってきた信田さよ子さんに聞く
  • CULTURE
  • 2020.07.20
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

止まらないSNS中傷、被害者バッシング…「被害者意識」の暴走が産む加害の連鎖を断ち切るには DVや性暴力の支援に携わってきた信田さよ子さんに聞く

SNS上での誹謗中傷による被害を受けている人々の報道が目立つようになってきた。

プロレスラーの木村花さんが『テラスハウス』出演の際、甚大なバッシングを受け最終的に自死を選んでしまったニュースは記憶に新しい。また、ジャーナリストの伊藤詩織さんは自らに向けられた罵詈雑言について、内容を精査し、東京地裁に提訴すると発表した。

この他にも、性被害を訴えた女性、差別を訴えた外国人などに対して「被害に遭ったのはお前にも非があったからだろう」と言わんばかりの不条理なバッシングが数多く存在する。

なぜ人々は、弱い立場の他者を攻撃せずにいられないのか。また被害を受けた時、まずは何をすべきなのか。

原宿カウンセリングセンターの所長として、DVや性暴力の加害者臨床と被害者支援の現場に長年携わってきた信田さよ子さんに、「被害の認識」「被害者意識」をキーワードに語ってもらった。

聞き手・文:張江浩司

当人が訴えても認識されない「被害」と「加害」

『被害と加害をとらえなおす』では、虐待、DV、薬物依存を生きのびた女性と、家族問題に詳しい臨床心理士、自助グループを実践する精神保健福祉士が、暴力の知られざる影響、当事者が経験を分かち合うことの希望を語っている

ーー 信田さんの著書『被害と加害をとらえなおす: 虐待について語るということ』(共著/春秋社)を読んで衝撃だったのは、つい最近まで女性の被害の告白が全く受け入れられなかったということでした。1990年ごろの日本心理臨床学会シンポジウムで、父親から娘への性虐待を報告したら「それは彼女のファンタジー(空想)じゃないですか」と言われてしまったという。たった30年前のことですし、未だに「女性は被害を語りづらい」のだろうなと感じます。

信田:被害者自身でも「これはこういう名前の被害だ」と認識できていないことも多いですし、「こういうことがあった」と話しても信じてもらえる可能性は未だに2~3割ぐらいです。通勤電車で痴漢されたと言っても「あなたに隙があったんじゃないの?」と笑われてしまう構造があるんです。

現在ではさすがになくなってきましたが、痴漢で捕まった犯人に対して警察官が「あなた風俗に行ったことないでしょ。もっとそういうところで遊べばいいのに」と平気で言う。「男にはそういう性欲があるから、女性は我慢しなければいけない」と長い間思われてきたんです。

「これはしょうがないことではなく、被害と加害の問題なんだ」と捉え方に変化が訪れたのは、80年代の終わりぐらいから。「これも立派な被害である」という考え方自体が非常に新しいものなんです。

ーー そもそも、「被害」とも「加害」とも言われてこなかったということですね。

信田:「電車で女性のお尻を触る男」と、「それを嫌だと感じた女性」という存在があっても、それを痴漢という性暴力と捉えるか、「隙があっただけ」と言うだけか、言葉の使い方次第で印象がものすごく変わってしまうわけです。

伊藤詩織さんが誹謗中傷に晒されてしまうのも、あの事件を性暴力による被害として捉えておらず、「ああいう偉い人と飲みに行って仕事の相談をするなら、ホテルに行くぐらい覚悟しろ」と本気で思っている人が多いからです。

ーー 女性からのバッシングも多かったのも印象的でした。「同じ立場の女性として応援しなければ」とはならないのでしょうか。

信田:「自分が被害者側であると認めること」自体が非常に屈辱的ですし辛いんです。それを避けるために、「それは甘えだ」「男を利用することだってあるだろう」といった男性の視線を内面化した女性たちは多い。自民党の杉田水脈さんなんかまさにそうですよね。

ーー 「自分は弱くてはいけない」、「被害者ぶってはいけない」といった抑圧は男性も晒されてきたのではないでしょうか。

信田:男性の方がその傾向は強いですね。私達のセンターでは年間、新規だけで650人ぐらいの方がカウンセリングに来談されるんですが、性別・年齢別で集計すると、圧倒的に女性が多いです。今でも70~80%は女性。それだけ男性は助けを求められないということです。

ただ、世代別にみると20~40代前半ぐらいまでは男女が半々なんですよ。若い男性は援助を求めることに抵抗があったとしても「それでもこの辛さをどうにかしたい」と思う人が増えているんだと思います。

ーー 女性は逆に「強く物申してはいけない」という抑圧が未だにあるように思えます。伊藤詩織さんをはじめ女性が主体的に声をあげることで状況は変化していっているのでしょうか?

信田:フラワーデモやMeToo運動など、状況を変えようとする女性は近年どんどん増えています。一方、抑圧的な環境に身を置いて、被害に遭ったり搾取されたりしているにも関わらず「私自身がこの状況を選んだ」と話す女性もいる。女性の主体性についての意見がねじれてしまっているんです。

私たちがカウンセリングをしていても「こんなの被害だと言っていいんですか?」とためらう人はたくさんいますが、「れっきとした被害です」と言ってあげるのが自分の仕事なので断言するようにしています。

次ページ:「被害を認識できないと加害者になってしまう」という連鎖

1 2 3 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • ブックレビュー
  • 令和時代のオープンイノベーション概論|角勝|株式会社フィラメント代表取締役CEO
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー