FINDERS

グッチがダウン症のモデルを初めて起用。インスタで80万いいねの大反響
  • GLOBAL
  • 2020.07.08
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

グッチがダウン症のモデルを初めて起用。インスタで80万いいねの大反響

文:仲田拓也

1921年にイタリア・フィレンツェで創設されて以来、世界のファッション界を牽引してきた高級ブランド、グッチ。スタイリッシュでラグジュアリーな財布やバッグが、世界中の人に愛されている。

そんなグッチが、この度起用したモデルが大きな注目を集めている。

イタリア版『ヴォーグ』に登場したダウン症のモデル

先月、ダウン症のモデルであるエリー・ゴールドスタインさん(18歳)は、イタリア版『ヴォーグ』に、グッチのマスカラ「L'Obscur」のモデルとして登場。さらに先月中旬、グッチのInstagramにエリーさんの写真が掲載されると、80万件以上の「いいね」を獲得し、大きな反響を呼んだ。グッチがダウン症のモデルを起用するのは、これが初めてだ。

現在はエセックス州レッドブリッジの大学で、パフォーマンスアートのクラスに在籍しているエリーさん。グッチのキャンペーンの経験について「モデルは本当に楽しかったし、グッチのドレスも素晴らしかったです。写真撮影したことを誇りに感じていますし、もっと有名になりたいと思いました。これからは他のブランドのモデルになることも楽しみにしています」と『METRO』の取材に述べている。

エリーさんが障害を持つ人々のマネージメントを行う代理店「ゼベディ・マネージメント」と契約したのは3年前。それ以来、エリーさんにはモデルの依頼が殺到。2018年にはテレビのゴールデンタイムで放送されたドラッグストア「Superdrug」のクリスマス広告に登場。昨年夏の女子ワールドカップでも、ナイキの広告でモデルを務めた。

次ページ:ファッションや美容の広告モデル1万人の内、障害者は1人か2人

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命