FINDERS

ペットもソーシャルディスタンスを取るべき!米国疾病対策予防センターの警告が衝撃的
  • GLOBAL
  • 2020.05.08
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ペットもソーシャルディスタンスを取るべき!米国疾病対策予防センターの警告が衝撃的

Photo By Shutterstock

文:仲田拓也

緊急事態宣言の発出によって外出もままならない不自由な生活が続く。そんな時に、心の癒しになってくれるのがペットの存在だ。外出を制限され、些細なことで不安やイライラが募る毎日でも、ペットの顔を見るとリラックスできるという人も多いかもしれない。

そんな中で、米国疾病対策予防センターが発したペットに関するある警告が波紋を広げている。

猫は屋内に。犬は2メートルの距離を維持

米国疾病対策予防センター(CDC)は4月下旬、飼い主もペットも人間と同じように新型コロナウイルスの予防措置を取るべきだという声明を発表。内容は、ペットにも「ソーシャルディスタンスが必要」というものだ。

CDCによれば、猫の場合、感染を防ぐには基本的に外に出さないこと。一方、犬の場合には、リードを付けて、他の動物や人間から少なくとも6フィート(約2メートル)の距離を保つこと。そして多くの人が集まるドッグランなど公共の場所を避けることが重要だという。

適切な手洗いと、ペットの衛生状態を保てば、家の中でペットと触れ合うことは問題ないものの、家庭内で感染者が発生した場合、万が一のことを考えて、ペットとは安全な距離を保つことが重要としている。

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 大麻で町おこし?大麻博物館のとちぎ創生奮闘記
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • 幻想と創造の大国、アメリカ