FINDERS

ハイキング中の事故でご主人を亡くした2匹の犬、互いに寄り添い励まし合う。すると、救いの手が
  • GLOBAL
  • 2020.04.28
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ハイキング中の事故でご主人を亡くした2匹の犬、互いに寄り添い励まし合う。すると、救いの手が

文:仲田拓也

人間とペットの絆は強いもの。しかし、同じ苦難を経験したペット同士の絆もそれに負けず劣らない。

悲劇によって飼い主を失った2匹の犬の絆がアメリカで話題となっている。

突然の事故で愛する飼い主を失った二匹の犬

ニューヨークで活動するタトゥーアーティストであるクリス・バスキングさん(33歳)は、ピットブルのトンカとリトルPとともに暮らしていた。今月初旬、アウトドアを愛するクリスさんは、トンカとリトルP、友人であるマークさんとともにコロラドへハイキングに出かけた。しかし、そんな一行を悲劇が待ち受けていた。

『PEOPLE』が報じるところによると、一行は食料も水もないまま道に迷ってしまったという。2日間さまよった後、クリスさんが水を求めて渓谷に降りようとしたところ、足を滑らせ滑落。

翌日、別行動をとっていたマークさんの救難信号によって救助隊が駆け付けたが、クリスさんはすでに死亡。トンカとリトルPはクリスさんの遺体に寄り添っていた。その後、マークさんによって動物病院に運ばれたトンカとリトルP。リトルPには目立ったケガはなかったものの、トンカは足を骨折していたことが判明。リトルPは心身の傷を癒すように、トンカに寄り添い続けた。

トンカはリハビリを行う必要があり、リトルPもアゴの治療を行わなければならなかった。しかし、アメリカのペットの医療費は非常に高額。亡きクリスさんの家族は葬儀費用にも困窮している状態で、このままでは2匹は傷を癒すこともできず、おまけに別々の新しい飼い主に引き取られることになってしまう。

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 令和時代のオープンイノベーション概論|角勝|株式会社フィラメント代表取締役CEO
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • 青木真也の物語の作り方〜ライフ・イズ・コンテンツ|青木真也|総合格闘家
  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19