FINDERS

庭先に作った、自由に持っていっていい食料品コーナー。すぐに荒らされると思ったら、予想外の展開に
  • GLOBAL
  • 2020.04.15
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

庭先に作った、自由に持っていっていい食料品コーナー。すぐに荒らされると思ったら、予想外の展開に

文:山田山太

新型コロナウイルスの影響により、トイレットペーパーや、食料品などの買い占めが起き、必要な人に必要な物資が届かなくなっている。

そんな人たちを助けようと、とある家族がはじめた行動が大きな拡がりを見せた。

庭先で始めた慈善活動

米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに住む、テリー・ウリベ・ゴールさんの両親は、自宅の庭先に、無料で食料品などを提供する「ミニパントリー」を開いた。パントリーとは欧米の家庭についている食料庫のようなもの。「必要なものがあれば持っていって下さい!」「余っているものがあればシェアして下さいね」とボードが掲げられており、誰もが自由に食料品を出し入れできるパントリーとして、缶詰やクッキーが置かれた。テリーさんは3月26日、自身のFacebookにこのパントリーの写真を掲載し、「前向きな気持ちに触発され、私たち家族はこの困難を出来る限り支援したいと思います」と綴った。

当初テリーさんは、ハロウィンやクリスマスの飾り付けがすぐに荒らされたことを思い出し、この活動はすぐに終わってしまうと思っていた。しかし、その予想に反してパントリーは大きく成長していく。

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 大麻で町おこし?大麻博物館のとちぎ創生奮闘記
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • 幻想と創造の大国、アメリカ