FINDERS

麻薬王の名を持つ過激な折りたたみスマホ「Escobar Fold 2」に困惑
  • ITEM
  • 2020.02.20
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

麻薬王の名を持つ過激な折りたたみスマホ「Escobar Fold 2」に困惑

文:武者良太

PVの怪しさ&エロティックさにも混乱間違いなし

折りたたみスマートフォン市場に新たなモデルが参戦する、ようだ。Escobar(エスコバル)の「Escobar Fold 2」は、プロセッサにSnapdragon855、ストレージ128GB、オープン時のディスプレイサイズ7.3インチというスペックながら、399ドルという激安特価な超低価格を実現している、らしい。

言葉の歯切れが悪いのは察してほしい。だってこのモデル、どう見てもサムスンGalaxy Foldのカラバリ違いなのだから。

製品名にも、メーカー名にも、コロンビア麻薬王パブロ・エスコバルの名前が入り、ホーム画面の壁紙もパブロ・エスコバルそのものが鎮座している。そしてゴージャスな美女たちが半裸でセクシーにスマートフォンを弄っているというPVのノリもおかしい。

RIPSAMSUNG.COMというケンカの売り方も尋常ではない。

実のところEscobarは、パブロ・エスコバルの兄弟であるロベルト・エスコバル氏が設立したメーカー。2019年末には「Escobar Fold」という世界初の折りたたみスマートフォンROYOLE・FlexPaiそっくりのモデルをリリースした...のだが、注文した顧客の元にはどうやらパブロ・エスコバルの伝記本と、「おめでとう!Escobar Fold2にアップグレードするよ。後日発送するからお楽しみに」というメッセージカードが届いている様子。

(余談だが、Escobar FoldのPVはさらにアグレッシブだった。映像後半にはランジェリー姿どころか絆創膏ガードの美女を登場させるという、YouTubeの倫理にも果敢にチャレンジする内容だった)

真実がどこにあるのか一切不明でむしろ興味が出てくるEscobar Fold2。もしも注文してみたいという奇特な方は、公式サイトにアクセスしてみよう。


Escobar

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命