FINDERS

赤ちゃんをクリスマスの靴下に入れて、家族の元に届ける小児病院の伝統に、SNS上で「可愛すぎる」の声
  • GLOBAL
  • 2019.12.18
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

赤ちゃんをクリスマスの靴下に入れて、家族の元に届ける小児病院の伝統に、SNS上で「可愛すぎる」の声

Photo By Shutterstock

文:岩見旦

12月も後半に差し掛かり、街はイルミネーションで彩られ、クリスマスムード一色。子どもの頃、靴下を枕元に下げてサンタクロースからのプレゼントを待っていた人も多いのではないだろうか。

そんな中、ある小児病院が行っているこのサンタクロースの靴下を使った、クリスマスの伝統行事が注目を集めている。

靴下はボランティアの寄付

米国テキサス州サンアントニオにあるメソジスト小児病院では、50年以上にわたりクリスマスに、新生児をサンタの帽子を被せ、そしてクリスマスの靴下に入れて、家族の元に届ける活動を行っている。

このクリスマスの靴下とサンタクロースの帽子は、ボランティア団体「ブルーバーズ・オブ・メソジスト・ホスピタル」によって寄付されたもの。この団体は、この病院のスタッフと患者に対し、1年間通じてサポートを行っている。

『Bored Panda』によると、親たちはこの伝統にみんな大喜びしており、この靴下と帽子をずっと大切にし続けているという。そして、毎年クリスマスには子供のために、この靴下をプレゼントで満たすとのこと。

新生児をクリスマスの靴下に入れるサービスは、テキサス州の他の病院にも広まっており、マウント・オーバーン病院では12年間にわたり同様の取り組みを行っている。

国内には、新生児に鬼のコスプレを施す病院も

日本国内でもこの取り組みは大きな話題になっており、あるTwitterユーザーが紹介すると、6万8000件ものリツイートを記録。「これは可愛すぎる」「予定日が近いから、日本でもやってほしい」「赤ちゃんは神様からの贈り物ですね」などの大きな反響を呼んだ。

大阪府堺市の産婦人科病院である赤井マタニティクリニックでは、節分の日に新生児にもじゃもじゃの髪に角2本、トラ柄のパンツという、鬼のコスプレを施すユニークな企画を行い、Facebookの投稿は1万件の「いいね」を集め、好評を得た。

日本国内でも新生児にキュートな格好をさせるサービスは評判になりそうだ。今後、同様の取り組みを行う病院が、日本国内でも今後増えるかもしれない。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • ブックレビュー
  • 令和時代のオープンイノベーション概論|角勝|株式会社フィラメント代表取締役CEO
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー