FINDERS

1位はポケモン!キャラクター「メディアミックス」総収益の世界ランキングに日本の底力を見た
  • BUSINESS
  • 2019.12.10
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

1位はポケモン!キャラクター「メディアミックス」総収益の世界ランキングに日本の底力を見た

文:岩見旦

漫画やゲームなどに登場する人気キャラクターはそのメディアの枠を飛び越え、映画化や実写化されたり、はたまたグッズやCDが発売されるなど、多彩なメディアで展開される。いわゆるメディアミックスだ。日本国内だけでなく世界中で行われているビジネスモデルである。

そこで、TitleMaxが制作した、キャラクター「メディアミックス」総収益の世界ランキングのグラフを紹介する。果たして、日本のキャラクターは海外でどれほどの成功を収めているのだろうか。

これがキャラクター「メディアミックス」総収益の世界ランキングだ!

こちらのグラフをご覧いただきたい。それぞれのキャラクターのメディアミックスの総収益をグラフの大きさで表している。そして、その収益の源泉を色分けしており、赤がビデオゲーム、黄がグッズ、オレンジがトレーディングカード、グレーが漫画、黄緑が各種チケットといった具合だ。ベスト10は下記の通り。

1位 ポケットモンスター 総収益921億ドル(約10.1兆円)
2位 ハローキティ 総収益800億ドル(約8.8兆円)
3位 くまのプーさん 総収益750億ドル(約8.3兆円)
4位 ミッキーマウス 総収益706億ドル(約7.8兆円)
5位 スターウォーズ 総収益656億ドル(約7.2兆円)
6位 アンパンマン 総収益603億ドル(約6.6兆円)
7位 ディズニープリンセス 総収益452億ドル(約5兆円)
8位 スーパーマリオ 総収益361億ドル(約4兆円)
9位 少年ジャンプ 総収益341億ドル(約3.8兆円)
10位 ハリーポッター 総収益309億ドル(約3.4兆円)

ディズニーを上回る日本のキャラクター

1位に輝いたのは日本発のキャラクター、ポケットモンスター。総収益921億ドルを稼ぐ。1996年にゲームボーイ用ソフトとして発売され、同年ポケモンカードが発売。近年はスマホ用ゲーム「ポケモンGO」がヒットし、アメリカでは開始1週間で利用者6500万人を超えた。今年7月には中国のテンセントと協力し、ポケモンシリーズの新作を制作すると発表があった。

2位はハローキティで総収益は800億ドル。130カ国以上で5万点もの商品を発売し、さらにプーマ、エイソス、ハーシェルなどの企業とライセンス契約を結んでいる。今年11月には、eスポーツチームFNATICとのコラボを発表した。日本のカワイイ文化を牽引するキャラクターとして、ほぼすべての種類の商品に登場していると言えるだろう。

3位はくまのプーさん、4位はミッキーマウス、5位はスターウォーズと、ディズニーが上位を占めた。このランキングは個別のキャラクターのメディアミックスであるため、ディズニーランド等テーマパークのチケットは含まれていないものと思われる。ディズニーは今年11月、独自のストリーミングサービス「Disney+」をスタート。初日に登録者数が1000万人を突破した。

このランキングトップ25の内、実に日本のキャラクターが10個も含まれている。ちなみに、「Fist of The North Star」とは「北斗の拳」のことだ。改めて、日本のキャラクターが世界中で愛されていることを知り、誇らしく感じた。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 幻想と創造の大国、アメリカ
  • ブックレビュー
  • クレイジー裁判傍聴
  • オランダ発スロージャーナリズム
  • Wアフリカ少年ニュース
  • FINDERSビジネス法律相談所