FINDERS

電源ボタンとEscキーが復活!MacBook Proの新フラッグシップモデルが登場。新Magic Keybardに加え、ストレージ容量とバッテリー駆動時間も強化
  • ITEM
  • 2019.11.14
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

電源ボタンとEscキーが復活!MacBook Proの新フラッグシップモデルが登場。新Magic Keybardに加え、ストレージ容量とバッテリー駆動時間も強化

Image by Apple

AppleはMacBook Proシリーズを刷新し、より大きなRetinaディスプレイと打鍵感を改良した新しいMagic Keybardを搭載するMacBook Pro 16インチモデルを発表した。パフォーマンスも最大80%高速化されているという。価格は24万8800円(税別)から。日本でも既にApple Storeで予約受付が始まっており、購入画面では配送は21日からと表示される(14日時点)。なお13インチモデルは現行モデルを継続販売する。

伊藤僑

Free-lance Writer / Editor 

IT、ビジネス、ライフスタイル、ガジェット関連を中心に執筆。現代用語辞典imidasでは2000年版より情報セキュリティを担当する。SE/30からのMacユーザー。著書に「ビジネスマンの今さら聞けないネットセキュリティ〜パソコンで失敗しないための39の鉄則〜」(ダイヤモンド社)などがある。

3072×1920ドット(226ppi)のRetinaディスプレイ

Image by Apple

新たに採用された16インチのRetinaディスプレイは3072×1920ドット(226ppi)の解像度で、その総画素数はおよそ600万に達する。旧モデルである15インチモデルの解像度は2880×1800ドット(220ppi)だ。

にもかかわらず筐体のサイズは、1.62cm(高さ)×35.79cm(幅)×24.59cm(奥行き)と、狭額縁化により15インチモデルの1.55cm×34.93cm×24.07cmからわずかなサイズアップに抑えている。重量は2.0kg(旧モデルは1.83kg)。

定評ある500ニトの輝度やP3の広色域は変わらず、True Toneにも対応。没入感のあるエクスペリエンスを体感できるという。

優れた打鍵感を得られるシザー式の新Magic Keybard

多くのユーザーが改良を待ち望んでいたキーボードの刷新も行われた。

新しいMacBook Pro 16インチモデルのキーボードは、旧モデルのバタフライ式からシザー式に変更され、キーストロークも1mm(旧モデル0.5mm)となったことで、より安定感のある打鍵感が得られるようになったようだ。

「より多くの位置エネルギーを保存することでキーが押された際に優れた反応性を実現するAppleデザインのラバードームを持つ」という新しいMagic Keybard。早く試してみたいものだ。

Image by Apple

また、旧15インチモデルではTouch Barに統合されていたEscキーが、新Magic Keybardでは物理的なキーとして復活している点も嬉しい。Touch ID兼電源ボタンもTouch Barから独立した。

パワフルなプロセッサと次世代グラフィックスを搭載

プロセッサには、2.6GHz 6コアのi7(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)または、2.3GHz 8コアのi9(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)の第9世代Core iプロセッサを搭載。オプションで、2.4GHz 8コアのi9(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)も用意される。

これにより、旧15インチモデルのクアッドコアと比較して最大2.1倍高速なパフォーマンスを発揮。Photoshopであれば、複雑な編集を1.7倍高速に行うことができるという。

また、グラフィックではAMD Radeon Pro 5000MシリーズとGDDR6ビデオメモリをサポート。標準スペックでも従来比2.1倍のグラフィックパフォーマンスを発揮することができる。

放熱面でもサーマルアーキテクチャーが再構築され、ヒートシンクを35%拡大、エアフローを28%改善している。

Image by Apple

ストレージ容量は2倍に、バッテリー駆動時間もより長く

ベースモデルのストレージ容量も旧モデルの2倍となる512GB、1TBへと拡大。また、オプションでノートブック史上最大となる8TBの高速SSDも選択できるようになった。

バッテリーも旧15インチモデルの83.6Whから100Whへと大容量化され、パフォーマンスが向上したにもかかわらず、駆動時間(ワイヤレスインターネット閲覧)は最大10時間から最大11時間へと長くなっている。

オーディオに関しても、再設計された6スピーカーのハイファイサウンドシステムの搭載により、よりクリアな、より自然な音を再生。フォースキャンセリングウーファーにより音を歪ませる好ましくない振動の低減も実現している。

Image by Apple

Mac Pro / Pro Display XDRは12月登場

加えて、プロ向けデスクトップコンピュータMac Proと、プロ向けディスプレイPro Display XDRが12月に発売されることも発表された。

Mac Proの米国での価格は5999ドルから、Pro Display XDRは4999ドルからで、ともに12月より注文を受け付けるという。

Image by Apple


Apple.com

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • FINDERS RADIO|米田智彦がホストを務めるポッドキャスト番組
  • 青木真也の物語の作り方〜ライフ・イズ・コンテンツ|青木真也|総合格闘家
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • ハズさない!接待メシ