FINDERS

梱包材を自分で作る。キングジムからエアクッションメーカー「エアフィット」登場
  • ITEM
  • 2019.11.15
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

梱包材を自分で作る。キングジムからエアクッションメーカー「エアフィット」登場

文:三浦一紀

事務所や自宅に1台あると便利そう

キングジムは、梱包材を作成する機器「エアフィット」を12月6日に発売すると発表した。

空気入りの梱包材エアクッションは、精密機器や割れ物などの梱包時によく用いられる。通常はエアクッションを買ってきて使用するのだが、空気で膨らんでいるため保管場所の確保に苦労する。

「エアフィット」は専用フィルムに空気を入れて、必要なときに必要な分だけエアクッションを作ることができるため、エアクッションの保管場所に困ることがなくなる。

電源を入れてすぐに作成できるため、必要なときに素早く用意できるのもいいところだ。

フィルムはノーマルなピロータイプと、精密機器などに向いているバブルタイプの2種類がある。

価格は本体が9万円、専用フィルムがピロータイプが7000円、バブルタイプが9200円(すべて税別)となっている。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー