FINDERS

冷蔵庫に入っている食材からAIがレシピを提案してくれる無料アプリ「レキピオ」
  • ITEM
  • 2019.02.15
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

冷蔵庫に入っている食材からAIがレシピを提案してくれる無料アプリ「レキピオ」

文:武者良太

手軽に作れる時短レシピを教えてくれる

忙しい日々を過ごしていると、日常もドタバタとしがち。洗濯物はたまるし、掃除も後回しとなりがち。朝食・夕食のための買い物だっておろそかになるだろう。

だから1回の買い物でたくさんの食材を買うことで、買い物の回数を減らしたいと考えるようになるが、ここには、忙しいからこその罠が潜んでいる。せっかく買った食材を美味しいうちに調理しきれないという罠が。

気がつけば野菜は萎々になっているし、肉や魚はドリップが出てしまっている。冷蔵庫のなかを見ただけで料理のモチベーションが下がってしまう。

しかたがない、破棄しよう...と考えてしまってはダメだ。消費期限が過ぎていないのであれば、ギリギリまで食卓を彩るための一品に昇華させるべきだ。

どんな惣菜にしたらいいのかアイディアが出てこない時は、無料レシピアプリ「レキピオ」(iOSのみ対応)を使ってみよう。手持ちの食材、調味料をタップして設定すると、AIが適切な惣菜のレシピを選んでくれる。

料理の種類、食べる人数、時短や低カロリーといったこだわりの設定も可能だ。

選択する食材の数が少ないと、他の食材を必要とするレシピも表示される。新たに食材を買いに行く時間がとれないのであれば、足りない食材があってもそのまま作ってしまえばいい。満足度は下がるかもしれないが、食材を消費するという目的は果たせるからだ。

もしスーパーなどに寄れる時間が取れそうな日があるなら、手持ちの食材リストを保存しておける登録保存モードを使おう。移動中に「レキピオ」でレシピを探し、足りない食材を帰宅時などに買ってくればいい。

実際に「レキピオ」が提案してくれた惣菜を調理するときは、必ず「作る」をタップしよう。使う食材を使い切るのか、残すのかの設定が可能になり、使い切った食材はリストから自動削除される。この機能により、自宅にいなくても冷蔵庫の中を可視化し、管理できるようになる。


レキピオ - 食材からおすすめの献立を提案 (iOS)

公式サイト

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • interop

SERIES

  • Pop’n Soulを探して
  • 旅する技術屋
  • オランダ発スロージャーナリズム
  • ハズさない!接待メシ
  • アフリカンジャパニーズ・ビジネス周遊記
  • employer brand research 2019.〜いま最も働きたい企業 2019〜