FINDERS

河口洋一郎や樋口真嗣など豪華審査員のAIアートコンペ「第一回AIアートグランプリ」作品募集開始!
  • CULTURE
  • 2023.01.19
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

河口洋一郎や樋口真嗣など豪華審査員のAIアートコンペ「第一回AIアートグランプリ」作品募集開始!

文:FINDERS編集部

グランプリには賞金10万円とゲーミングPCが贈呈

AIを活用して作られた画像、漫画、動画、音楽、ゲーム作品などのコンテスト「第一回AIアートグランプリ」が開催される。

本イベントは、近年注目を高めている作画AIや作曲AIなど、芸術分野でのAIツールの進歩を受け、人間が自らの能力をより拡張するためにAIを活用したアート作品を広く募集し、審査の上表彰するもの。

審査員長は東京大学名誉教授・メディアアーティストの河口洋一郎が務める。同氏は開催趣旨として「今日、アートの世界にもAIは決して無視出来ない存在となって来ました。AIを脅威として捉えるのではなく、近未来のツールとして創造行為を増幅するものとして考えます。今までに無い、新しい感覚を刺激する作品が出来る期待が膨らみます。AIを使いこなすことで生まれた魅力的な作品と出会える事を期待しています」とコメントを寄せている。

審査員は河口に加え、『シン・ゴジラ』などを手がけた映画監督の樋口真嗣、アニメ『名探偵コナン』や『シティハンター』のプロデューサーを務めた諏訪道彦、スタートアップやAI分野の法務を専門とする弁護士の柿沼太一、イラストレーターの安倍吉俊の4名が務める。

審査基準と応募条件は下記の通り。

審査基準
・人間らしい表現のための手段としてAIを正しく活用していること
・独創性のある表現が行われていること
・他者の権利を直接的に侵害していないもの
・日本国内法を遵守していること

応募条件
・AIを利用して作られた画像、漫画、動画、音楽、ゲームなどの表現物
・実際に利用したAIモデルとシード値、プロンプト、ファインチューニングに使用したデータセットなど、生成に至るまでのプロセスを審査委員会に開示できること
・AI生成物を人間が加工したもの
・スマートフォンやPC上で再生できること
・実際に審査委員会で試聴・体験・再現可能なコンテンツであること
・ハードウェアやパフォーマンスは不可

 グランプリ受賞者には、賞金10万円とGeForceRTX4080搭載のゲーミングPC「ガレリア」が贈られる。そのほか準グランプリに賞金5万円、佳作に賞金2万円が用意されている。

作品は1月31日(火)まで募集中。2月に一次選考通過者発表、3月に最終審査会および表彰式が予定されている。


『第一回AIアートグランプリ』
募集期間:2023年1月15日(日)~31日⁠(火)23:59まで 

【お知らせ】
FINDERSでは現在、今後の企画制作の参考とするため読者アンケートを実施しております。
5分ほどで回答できますので、ぜひご回答ください。
回答は↓のバナーをクリックしてください。

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 読者アンケート実施中

SERIES

  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 幻想と創造の大国、アメリカ
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • JKA Social Action × FINDERS