FINDERS

『ONI』の「圧巻の映像美」を体感する大スクリーン・音響・再現展示で作品世界に没入。「ONI展」1月21日から開催
  • CULTURE
  • 2023.01.18
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

『ONI』の「圧巻の映像美」を体感する大スクリーン・音響・再現展示で作品世界に没入。「ONI展」1月21日から開催

文:FINDERS編集部

大空間を活用した映像と展示で『ONI』の世界観を体感

Netflixオリジナル作品『ONI ~ 神々山のおなり』の作品展「ONI展」が2023年1月21日(土)から4月2日(日)まで東京・PLAY! MUSEUMで開催される。

『ONI』は、ピクサー出身の堤大介氏とロバート・コンドウ氏が率いるアニメーションスタジオ「トンコハウス」が手がける長編アニメーション作品だ。

同作は古来より日本で描かれてきた「鬼」を題材に、主人公のおなり、八百万の神々や妖怪といったキャラクターたちが、誰の心にも潜む闇と向き合いながら成長していく物語。

本展は制作過程を紹介するメイキング展示だけでなく、トンコハウスが得意とする「美しい自然描写」や「光や陰影の映像美」を大空間で体感し、作品世界に没入して味わえるような要素が散りばめられている。映像投影には手漉き和紙を用いたスクリーンが使用されているほか、物語に出てくる戻り橋、祭りやぐらなどを再現展示。さらに会場各所に日本全国から蒐集された鬼や妖怪のお面、大きな凧が展示される。

「ONI展」会場イメージ ©︎DRAWING AND MANUAL

また、クライマックスシーンを再現した巨大インスタレーションの展示や3DCGの制作過程の紹介、大画面での作品上映なども行われる。

「ONI展」会場イメージ ©︎DRAWING AND MANUAL

会場となるPLAY! MUSEUMに併設するショップやカフェでは、イベントに合わせたグッズ販売やオリジナルメニューが登場する。

左:ONI ぬいぐるみ(おなり) 右:ONI ぬいぐるみ(かっぱ)

「なりどん特製 おべんとう」

入場チケットは、当日券と土日祝限定の日付指定券の2種類。日付指定券は、オンラインで購入することができる。


『トンコハウス・堤大介の「ONI展」』
期間:2023年1月21日(土)~4月2日⁠(日)
会場:PLAY! MUSEUM
料金:一般1800円、大学生1200円、高校生1000円、中・小学生600円

※詳細は、公式HPをご確認ください。

【お知らせ】
FINDERSでは現在、今後の企画制作の参考とするため読者アンケートを実施しております。
5分ほどで回答できますので、ぜひご回答ください。
回答は↓のバナーをクリックしてください。

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 幻想と創造の大国、アメリカ
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • JKA Social Action × FINDERS